咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07

にっしゃんの「正座の苦手な茶道の先生」





頼むから、6日と9日の朝は晴れて欲しいと願っておるのに、

明日は強雨なぞ云うておる

しかも終日降り続く模様

土曜日もやばそうな雰囲気を前線が醸し出して居る



ほんまに、












どもならん!















私の日乗







皐月二十八日(月)










DSC_0159_20180605092040163.jpg

某会の総会に上本町まで赴いた

然り乍ら、

その前段でふたつも会議を熟(こな)したものだから、

予定終了後は疲労困憊

4時間半も経(た)てて、

ようやく懇親会に雪崩れ込んだ










DSC_0154_20180605092519684.jpg

近鉄系











DSC_0172_20180605092601d5f.jpg

コースを誂(あつら)えたのだ

ビールで乾杯後、




DSC_0175_20180605092719298.jpg

前菜を皮切りに、

いろいろと料理が運ばれてきたが、

何が何やらよく解らず





DSC_0177_20180605092816a2b.jpg

色目とは違って、

中々にイケてたスープ









DSC_0180_20180605092924fa6.jpg

むろん、ホット紹興酒

美味し









DSC_0183_20180605093014a96.jpg

一瞬、ドキッとす

はて、何であったか?








DSC_0186_2018060509311217e.jpg



DSC_0189_201806050931360ac.jpg

呑み放題付きで、都合8品ほど出て来たと思われるが、

小さき頃より慣れ親しんだ該店の味わいにて、

どの料理も口に馴染む

私的には、心斎橋の大〇閣とは一線を画している








DSC_0182_20180605093634b52.jpg

途次、

麦焼酎水割り水少な目に差し替えて、

爾後、それで押し通した





然り乍ら、

別段にどってこたない懇親会

いつも見知った顔ぶれ

交友も深めずに、

酒ばかり呷って、酔眼&酩酊!








DSC_0156_20180605094235fe9.jpg

ごっとはん(^^♪
[ 2018/06/05 09:46 ] 宴会ネタ | TB(0) | CM(0)

にっしゃんの「Never Up Never In ~届かなければ 入らない」





江戸表より早馬にて、

現在、弱さMAXを誇る、

我がタイガースの巨人戦チケットが届けられたのであるが、










DSC_0023 (1)

その中に混じって、

大いに懐かしく、

吹き出しそうになったスナップ写真が同封されていたのである













K3DGd0ZwmT2mSzD1528082602_1528082640-999.jpg


大いに若し!

大いに恥ずかし!



然り乍ら、

いつ、どこのゴルフ場で、

果たして誰がシャッターを切ったのか、

そしてこのプリントを誰から頂いて、

何故、江戸の爺ぃの元へ送達したのか、

瞬時には、皆目判じ難かったのである

そうなると、どうにもいけない

どうしても気になって、

夜も眠れず昼寝を果たしてしまう性分なのである

そこで、長時間、穴の開くほど写真を眺め、

パソコンに画像として取り込んで、

拡大に次ぐ拡大で、

細部にわたって画像中にその手掛かりを探し求めたのである

その結果、

かなり詳細な分析結果を得ることに成功したのである


まずは我がナリを眺めて見ると、

紺色のキャップとオフホワイトのポロシャツ

これはおそらくAshworthに違いあるまい

往時、私がもっとも好んで身に着けたブランドである

チノパンはDOKERS

まさにゴルフチノパンツの代名詞のようなブランドであったのだ

ベルトはCanterburyのクロコダイル黒

泣く子も黙る、グレッグ・ノーマン

そして、スパイクシューズはEtonic

白と黒ツートンのサドルシューズ

意外と知られてはいないが、

その歴史は古い

なぞ言い条、

まるで運動具店の大将の講釈みたいになってしまったが、

根がどこまでも「カタチから入る」タイプであるからして、

スコアはまず身形(みなり)からを実践していた私なのである

そうしてみると、

まず、季節的には5月初旬から10月初旬に違いあるまい

そして、もっと云えば、

手押しカートのサイドにも、キャディバッグのフックにも、

日傘が見えない

往時、真夏のプレーには暑さ除けに、

日傘をよく使用したものであった

そうしてみると、

7月後半から9月初旬までは除外して良かろう

してみれば、

ずばり6月後半から7月中旬の、

梅雨の晴れ間での出来事に違いあるまい

さて、

それではいったい平成の何年ごろであったろうか?

これには凡(おおよ)その見当がつく

写真に書きなぐったメッセージ

そして、

自身の赤いMIZUNOの芋臭いキャディバッグの上部に目を凝らすと、

むろん、プレー中であるからして、

アイアンセットがむき出しにしてあるが、

よくせきそのアイアンを眺めて見れば、

ゴルフ人生において、

最も美しいクラブであると自負していた、

名機「PING EYE2」であるのだ

しかも、通常キャディバッグの持ち運び時には、

クラブすべてをすっぽりと覆う、

フードをかぶせるのであるが、

私は一時からそれを嫌い、

アイアンセットとパターのみを覆う、

エンジ色のEtonicのアイアンカバーを常用していたのである

だから、ドライバー類はヘッドカバーのみ付けてあるだけで、

常にバッグからむき出しの状態であったのだ

してみれば、

メッセージの意味、

ウェア類の選択、

使っていたアイアンの時期から、

これは平成8年の出来事であったに違いないのである

ただ、

ドライバーにヘッドカバーがしてあるから、

メーカーが判じ難いのだが、

もし、

ドライバーはどこのものか解れば、

平成8年説を裏付けるものともなろう

ただ、

ドライバーだけは年柄年中取り替えていたものだから、

少しく信憑性に欠けることも無くはない


さすれば、

今からもう22年も昔の出来事

往時は長(なが)に亘って、

60kgの体重を維持していた時期であり、

鶏ガラのような現在とは違い、

中々にぽっちゃり福々しかったなぁと、

あの頃は愉しかったなぁ、なぞと、

ふと、センチ心をふとこってしまった私なのであった



然り乍ら、

簡単なマエセツにするはずが、

思わぬ長話に転じ、

大いに凝りと疲れをふとこってしまったがため、

呑みネタは明日へと持ち越すこととする







なお、

いずこのゴルフ場であったか

同行者はいったい誰であったか

全きに判らず

たくさんのスコアカードもとっくに処分済み



まことに残念の一言である











Drive is show,Putt is money!












[ 2018/06/04 13:49 ] 宴会ネタ | TB(0) | CM(0)

にっしゃんの「2018新年会 団体の部 その2」




実に冷たい!



以上!







私の日乗








睦月二十一日(日)











DSC_0034 (3)

桜橋を訪(おとの)うた










DSC_0050 (3)

ブリーゼブリーゼのほぼ向かい側のビルである











DSC_0038 (3)

3年ぶりに戻って来た










DSC_0039 (2)






DSC_0043 (3)-999

個室テーブル席であるため、

大いにラクチン








端(はな)、新年のご挨拶を交わし、

長老の音頭取りにてビールで乾杯す

(画像撮り忘れ)











DSC_0045 (3)

食前酒  山桃ワイン

先 付  さごし叩き 白木耳 菜種 金時人参
      黄味酢 海苔酢 土佐酢ゼリー


美味し!










DSC_0047 (3)

即、熱きところを聞こし召した

実に愉しき盃であった

お多福さん

美味し









DSC_0049 (3)

煮物椀  百合根真蒸 椎茸 日の出人参
       軸菜 薄氷蕪 柚子

真蒸美味し!











DSC_0055 (3)

お造り  鯛 天然鰤 鮪

美味し!

酒がすすむ











DSC_0057 (3)

焼八寸  寒鰤照焼 銀鮭松前寿し 南京カステラ
       牛蒡麩田楽 広島菜卸し和え
法蓮草胡麻酢和え アーモンド
一寸豆みじん粉揚 下仁田葱おかき揚


美味し!

然り乍ら、

胃袋のスペースが「満」を示し始める









DSC_0058 (3)

爾後、

芋焼酎お湯割りで押し通す

美味し









(画像撮り忘れ)  かなり廻り始める


強 肴  鯛蕪小鍋仕立(鯛 金目鯛スープ)
      水菜 焼葱 焼豆腐 梅麩 針柚子

まぁ、独り用の小鍋である

大いに美味し!










DSC_0062 (2)

ご 飯  浅利と筍ご飯(浅利スープ)
      芹 薄揚 振り柚子

止 椀  田舎味噌




皆さんに分け与える

とてもじゃないが、喉を通らなかったのである












DSC_0063 (2)

デザート  豆乳抹茶ブラマンジェ
        苺アイス オレンジ 抹茶蕨餅


隣席に応援願う











DSC_0060 (3)

満腹!








DSC_0052 (3)

酔眼&朦朧!




本年も宜しくお願い致します。







御馳走さまでした(^^♪


[ 2018/01/24 12:38 ] 宴会ネタ | TB(0) | CM(2)

にっしゃんの「2017忘年会 団体の部 その4」




出稽古終了後、

皆で上六から天王寺へ移動











DSC_0139-345.jpg

そう云わば、

この日はイヴであった











DSC_0130-789.jpg

天王寺MIOを訪(おとの)うた

十数年ぶり?

えらく奇麗になっていた












DSC_0132.jpg

「一年間お疲れ様でした。来年も宜しくお願い致します。」

と、乾杯す


■先付■鮟肝豆富 浅月 紅葉卸し フルーツポン酢ジュレ

■前菜■鰤照焼 海鼠柚子卸し和え 六方慈姑 干し柿チーズ巻 助子生姜煮








DSC_0133.jpg

■造り■真鯛雲丹和え 鮪 子持ち蒟蒻 あしらい一式


■合肴■海老芋酒盗焼 帆立貝 海老 ブロッコリー 蕪




爾後、熱きところを聞こし召す







s_0n8v-909.jpg


■主菜■金目鯛の味噌すき鍋(月日亭のお味噌使用) すずしろ 
    白才 水菜 人参 椎茸 焼豆冨 牛蒡 白葱 ブラウン榎木








DSC_0135.jpg


■食事■湯葉と木野子の雑炊 香の物







DSC_0137.jpg


■デザート■りんごゼリー 苺 ミント









DSC_0128.jpg


満腹&酩酊!







御馳走さまでした(^^♪
[ 2017/12/28 09:22 ] 宴会ネタ | TB(0) | CM(0)

にっしゃんの「2017忘年会 団体の部その3」」





DSC_0015 (3)

何かこう、胸がキュンと来るのである

実は過去に該本のページをはぐったことがあるのだが、

最初の2~3頁を眺めて、本を閉じてしまったことがあった

然り乍ら、

今回、意を決して無理からに読み進めてみれば、

実にハマったと云う次第ではある

書き下ろしの時期は、大いに古いはず

星野阪神が優勝を飾ったころではなかったか?

だとすれば、

もう14年も昔のことになろう


十八歳

実は私にもそんな時代があった






以上!







私の日乗






師走二十一日(木)












DSC_0003 (5)

阪急東通りを訪(おとの)うた










DSC_0004 (5)-897

某集団の宴










DSC_0006 (5)

呑み放題は良かったが、









DSC_0010 (4)



DSC_0012 (4)

出て来る料理の殆どが、

鶏(かしわ)がらみであったのが、

大いに不満だと云うのである

もっとこじゃれたお菜は無いのであろうか

私は不貞腐れて、

焼酎ばかり呑っていた




然り乍ら、

二次会で訪(おとの)うた、人生初のキャバクラ

お話が弾んで、

延長をぶちかましてしまったと云うのである

あ~、面白かった







酔眼&朦朧!




ごっとはん(^^♪


[ 2017/12/26 09:42 ] 宴会ネタ | TB(0) | CM(2)
毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR