咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

にっしゃんの想い出のグリーン グリーン グラス オブ ホーム





sannou77720(29).jpg


汽車から降りたら 小さな駅で

迎えてくれる ママとパパ




もう10年ほども前の、

懐かしい先代のくすんだ暖簾









VFTS0005-0127koa.jpg

渋い落ち着きのある色合いで大好きな暖簾であった

















昨日、10月22日午前


ナカジマ社長、そっと静かに奥様の待つ彼岸へと旅立たれる




今年に入って、胃腸の腫瘍治療、そして脳内出血と、

打ち続く闘病生活であった

あの小柄な身体でよく頑張られた

あと僅かな日数で満76歳を迎えられるはずであった









ご生前、何かと気にかけていただきし御恩

終生、心に刻みつけ、最後のお別れに赴くこととする






合掌










[ 2015/10/23 09:22 ] 回想ネタ | TB(0) | CM(14)

にっしゃんの親孝行したいときには親はなし

いつか分かるのよ

必ず分かる日が来るのよ

ヤツガレもそうやったもんなぁ・・

やはり雨が上がれば夏の日差しが戻って実に暑し(^^;

大汗かいた一日でしたね










昨日はホント頑張ってくれました



13-06-16-000999 001


今朝のスポーツ紙を読んで、


あまりの感動に、思わず電車の中で万歳を三唱しました。。\(^^)/


他の乗客が次々と車両を移動されてましたね







いえね、今日は朝ゆっくり目に家を出ましてですね、

ちょこっと用事済ませて、朝昼兼用の食事をいただいたのですよ

起きぬけにアイスコーヒーを頂いただけでしたので、

むろん、お腹はペコちゃん・ポコちゃんだったわけです









13-06-16-000999 093

そう、へヴィロテのお店でしたよ


まぁ、腰が痛いので詳細アップは明日に譲るとして(誰も待ってないぞ!


黙っとれ!




実は、ヤツガレが言いたいのは、

その帰りの出来事なんですよね


100%座れる区間快速ってな電車にいつも通り乗り込んだのであります

当然座れますわな

どうでしょう、45分くらいの旅なんですが、

快速ならもっと早いが座れない場合もありますもので・・


ならば、当然寝っきりますわな、爆睡ってやつですか


で、今日はその爆睡中に夢を見た

マジで車中で初めて夢を見た

連日の早朝起きが原因なんでしょうかね?




ケッタイな夢でしたよ



それが、電車を乗り過ごす夢ですねん


ちゃいますねん、いやいや遥か遠路を旅する夢

旅の浪漫、、、、そんなエエもんちゃうかな?



少し脚色も施しまして、恥ずかしながら開陳であります、、(^^;












あれ?寝過ごした?




日根野、砂川、中ノ島


紀の川越えれば城下町


五十五万と五千石


葵の御紋に別れを告げて


明日は御坊か海南か


紀州の殿様驚いた


てんてんてんまり、てんてまり


吉宗公は紀州なり


再び眠れば紀伊田辺


景色うるわし白浜で


乗り換えしくじり勝浦に


尾鷲、新宮、那智山の


西国巡礼一番は


青岸渡寺とは恐れ入り


南紀の名刹振り仰ぎ


ええいままよと賢島


鳥羽から伊勢まで各駅で


式年遷宮かしこみて


やって来たのは松阪の


牛は牛でも切り落とし


かつて通った一升びん


格安焼き肉、ホルモンで


呑めば終電近づいて


肩から突っ込む近鉄線


伊勢は津でもつ


津は伊勢でもつ


尾張名古屋は城でもつ


その手は桑名の焼き蛤と


三たび眠りに陥れど


心配召さるな近鉄の


終着駅は上本町


あべのハルカス高けれど


昔とかわらぬ上六の


角の中華屋百楽で


食べたチャーハン懐かしい




たとえ我が身が滅ぶとも


三千世界のカラスを殺し


主と朝寝がしてみたい



高杉晋作えらけれど


長州、防州、萩、津和野


そこまで寝過ごしゃ身がもたぬ





にっしゃんの紀伊半島一周都々逸

これにて無事、我が家に到着でござりまする~~~~~!!!























黙っとれ!!





ほんまエエ夢やった~~~\(^^




[ 2013/06/16 19:32 ] 回想ネタ | TB(0) | CM(0)

にっしゃんの仏壇の日


仏壇を守るっちゅうのも大変なことでありまして、、
盆、彼岸、正月にはそれなりのお供え施して、
毎月お住っさんにお参り来てもろて、
当然お布施もご用意申し上げましてね
先祖供養やと思えばこそ出来ることでありますな
さりながら、仏壇の線香立てから立ち上る煙のにおいは
実に心を落ち着かせてくれます
お住っさんの唱える「坐禅和讃」に手を合わせながら、
木魚の音に耳を澄ませます
時折鳴り渡る鈴の音が、心の静寂の中に遠い祖先を呼び込みます
仏とは即ち自分自身のことなんですね・・・







衆生本来仏なり     水と氷の如くにて



水を離れて氷なく    衆生の外に仏なし



衆生近きを知らずして  遠く求むるはかなさよ



譬えば水の中に居て   渇を叫ぶが如くなり



長者の家の子となりて  貧里に迷うに異ならず



六趣輪廻の因縁は    己が愚痴の闇路なり



闇路に闇路を踏みそえて いつか生死を離るべき



夫れ摩訶衍の禅定は   称嘆するに余りあり


布施や持戒の諸波羅蜜  念仏懺悔修行等



その品多き諸善行    皆この中に帰するなり







あかん、立ち呑みネタ書くの面倒臭くなってきた、、(><、

罰当たり!!
[ 2012/03/27 10:17 ] 回想ネタ | TB(0) | CM(2)

にっしゃんのにっちもさっちもどうにもブルドッグ

なぬ?コウちゃんが亡くなった?
マジッすか?
こないだ、カンコー学生服ネタにしたばかりやんか、、

まだまだ若いのにねぇ、、、合掌











11-07-12 026

泣けた 泣けた

こらえきれずに 泣けたっけ

あの娘と別れた 哀しさに

山のかけすも 泣いていた







11-03-25-02 012

死ぬほど苦しかった わてらの恋も

親方はんは許してくれはった

あとはみっちり包丁の修行を積んで

一人前の料理人になることや

な、こいさん、、、待っててや、こいさん・・








11-06-14 003


両手をまわして 帰ろぉ 揺れながら~

涙の中を たたひとりで

優しかった 夢にはぐれず

瞼を閉じて 帰ろぉ

まだ赤い ともしび


  ↑

にっしゃん、イチオシ!

大好きな歌なんですわ





11-08-29 029

11-06-19 035


粋な黒塀 見越しの松に

あだな姿の 洗い髪

死んだはずだよ お富さん

生きていたとは オシャカシャマでも

知らぬ仏の オマシャマカ~

ええっさお~ 源冶店(げんやだな)~~





11-05-11-01 062

千歳の松の 蔭ふかく

たかき操を 契りつつ

我ら常盤の 学び舎に

いのち雄々しく 伸びゆかん

繁れ若松 姫小松

清く 正しく 健やかに


  ↑

わが母校校歌、、、

なれど1番から3番まで入り混じり、、(^^;

だって、40年前やもん・・


そやけど、こんな歌詞やったかなぁ・・(><、



さぁ、寝よう~~~っと!!
 
[ 2012/02/22 21:10 ] 回想ネタ | TB(0) | CM(2)
毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR