咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

にっしゃんの驚愕の真実 part5 ~さらば青春~


いったいに、今日は木曜日だと言うのに、

最終章とは言え、未だ日曜日の出来事を脈絡なく綴ることに、

一種の気恥ずかしさを感じずにはいられない

思い返せば、此度の失踪というのが丁度一週間前の夕方から始まったのであって、

なかなかに、遅筆であるがために展開が思うように進まず、

自身においても苛立ちを募らせながらの作業であることを、

諸兄にご理解いただければ幸いである




~四十歳は青春の老年であり、五十歳は老年の青春である。~




それではご覧いただこう・・・









真に申し訳のない仕儀と相成ったわたしは、

先輩宅のお孫ちゃん達にも歓待を受け、

無事受け入れられたのであったが、

そう遅い時間でもなかったものだから、

調子に乗ってまたぞろ出されたビールに口をつける始末で、

さすがに日付が変わるあたりまでではないにしろ、

そこそこに遅くまでいただいて、

結句、貸し与えられた小部屋に頭から転がり込んだのであった

しつらえていただいておった寝具に横たわるともういけない

恐らくは翌朝(昼近く)まで、まるで永久の眠りについておったのであろう

翌日に叩き起こされてみれば、

端、いったいここはどこで、何故ここに先輩がいる?なぞという、

まるで馬鹿っぷりを絵に描いたようなオトボケをかましてしまったのである

しかしながら、情の厚い先輩は私のために朝風呂まで用意くださり、

あまつさえ、食事の支度までもしてくだすっているようでもあった

風呂好きの私は厚かましくも入浴のみ願い出て、

食事については重々にお礼を申し述べて辞退を申し出たものである

そうこうしておるうちに昼も廻り、

早々に立ち去るべく暇乞いを申し出てみれば、

用事があるからと、ついでに私を天王寺まで乗せてくれるという

むろん、私はその有難い申し出に飛びついたことは云うまでもない



北口にて下車し、また改めてお礼をさせていただきますと、

頭を下げる私を尻目に、純白の大きな外車は既に交差点を左折し、

ハルカス方向へスピードを上げて走り去っていった





ぐ~~~~~っ、、、

実はお腹がへっていたのである

立ち位置において伺うとすればこの店が近いであろうと、

私はアベ地下への階段を何事もなかったように軽い足取りで下ったものである









14-08-31-9999 195

AKN



時間的にMRTもABSも恐らく満席で入店は叶わないと踏んでいた










14-08-31-9999 199

客はわずか数名

常連らしき者たちが手前カウンターに陣取っているのを見て、

私は躊躇なく奥のカウンターに席を占め、

店長に黒甕ロックを願い出たのである






14-08-31-9999 196

頭痛こそなかったものの、

少しボ~っとしていた己が脳味噌

ちびりちびりとロックを口に含み、かつ流し込んでやると、

徐々にではあるが霞が晴れだした

そして、私はここの夏場の名物

天ぷらを大目付に申し出た

一年を二分して、寒い季節は関東煮

暑い季節は天ぷらを提供してくれる

果たして次の入れ替わりはいつ頃なのであらうか?









14-08-31-9999 197

ゲソと茄子を出汁かけでいただいたのだが、

さすがに空腹であったがために、

あっという間に小ぶりの茄子は我が腹に収まって行った








14-08-31-9999 201

結句、黒甕は2杯でストップをかけておいた

またもやほろ酔いで、気が大きくなりかけていたのではあるが、

段々に、懺悔の気持ちがむくむくと頭をもたげて来ている

もう、その頃から自宅に戻ってからの言い訳を考え始めていたものである

生来の持って生まれた気の弱さ、小ささといったものが、

脳内を支配し、「大いなる覚悟を決めて家に帰れよ~」なぞと、

全身に戦慄が走るような警句を脳波がほき出す



14-08-31-9999 204

私はわなわなと震える手で、財布からなけなしの紙幣を取り出し、

店長に手渡したものである


「どうしたん?顔色悪いで」


「お、お、お腹へってきてん、、、;」





恐怖でガクガクと揺れる両膝をかばいながら、

あべの横丁に頭から転がり出た私は、

ついに天王寺駅に向かうのかと思いきや、

なんのことはない、遅めのお昼ご飯を求めて、








14-08-31-9999 207

ラーメン屋に並ぶと言う愚挙を犯してしまったのである







14-08-31-9999 210

常にここでは醤油一筋

一切他のものを注文することはない





14-08-31-9999 214

例によって、胡麻、ニラ薬味、胡椒、ガーリックパウダー

遠慮なく丼にぶちかまして一気呵成にいただいたのではあるが、

今回もニンジン抜きを所望し忘れていた、、、




14-08-31-9999 208

食事を終えて地上に出た私であるが、





14-08-31-9999 224

見上げた青空に思わず涙を流しながらサライを口ずさむものであった







日曜午後からの南へ向かう快速電車



14-08-31-9999 227

幸運にも席を得たまでは良かったが、

昏睡に次ぐ爆睡

目覚めれば、



14-08-31-9999 230


またもや一駅乗り過ごし、、、

最近度重なる失態に、情けなさを通り越して、

むしろ、

「く~~~っくっくっくっく、、、」


電車を飛び降りながら笑い声をほき出した






無事最寄り駅に戻って事無きを得たが、

ここからが正念場




自宅へ向かう道すがら、


「ええ~い、ままよ!」


私は国道沿いに建つコンビニに飛び込んで、


14-08-31-9999 233




缶ビールを一本買い購めたのであった



14-08-31-9999 235

「く~~っ、美ん味~~い♪」



店前でゆったりそれを呑りながら、

ついでにタバコも一本喫いつけた

とにかく暑い日であったことは覚えている


さぁ、勇気を出して帰ろう

あと5分足らずで自宅に到着







指笛~吹い~て~ 帰ろ~ 揺れなが~ら~

星屑~わけて 町を離~れて~

忘れな~い~ 花のかず~かず~

瞼を~閉じ~て~ 帰~ろ~

思い出~の~ 道をひとす~じ~


両手を~回し~て~ 帰ろ~ 揺れながら~

涙の~中を たった~ひと~りで~











14-08-31-9999 238





    
[ 2014/09/04 09:59 ] 失踪ネタ | TB(0) | CM(4)

にっしゃんの驚愕の真実 part4

中々に、土曜日はしたたかに酔い、それによる神経破壊に至り、

尋常ならざる食欲で以って片っ端から口に放り込む暴挙に出たのであるが、

その真骨頂はまさに焼肉屋の次に訪れた、


14-05-04-01 077

炉端焼きの店によって発揮されたものである

幾度となく訪れている、いわゆる鶴橋の至宝と勝手に呼称している店


いったいに、炉端の店はわたしが学生時代に各地に現れ始め、

その目の前で焼いてみせてくれるパフォーマンスと、

焼き上がりを櫂の上に乗せて大声とともに、

客に突き出す荒くれたサービス

手ごろな舌代、また何とも云えぬ田舎臭い風流さに、

ずいぶんと魅了されたものである

ただ、学生時代の酒場チャンピオンと申さば、

やはり百番ではなかったか

話はそれたが、それでは店内に案内しよう








14-08-31-9999 176

私たちは炉を囲むカウンターの一番右端に席を占めたのである






14-08-31-9999 180

呑み物を注文して、しばし待つ間に、

早くも頼みもしない突出しが供される

正直、この店は安くはない

例の梅田あたりに蔓延るチェーン炉端なぞとは較べるべくもないほどに

○に力であったか・・

そのような店で、なおも突き出しを初手から眼前に並べるとは、

「いったいに、何たることの何事かぁ~~っ!」
「金がなんぼあっても足らんわ~ぃ!」

十全にアルコールを全身に駆け巡らせていたわたしは、

いつものようにシャープな声色でもって、大きくほきあげたのだが、


静かになさい!

先輩の厳しい叱り声は私をして、大いに萎えさせてしまうものであった







14-08-31-9999 165

ビールはせんの店で大いに堪能した先輩であるからして、

これも大好きな冷酒に舌鼓を打ち、

私は銘柄は知らねど、芋焼酎のロックを願い出たものであった









14-08-31-9999 169

これは大万願寺であらうか?

真に恥ずかしい話なれど、

以下ご紹介する炉端の一品はいずれも私の記憶にとどまってはいない

むろん、口にしたかどうかも覚えては居ない

と、前もって諸兄に断った上で、

細工は流々とくとご覧うじろ








14-08-31-9999 183

○○の砂おろしですよね?(^^;







14-08-31-9999 173

アスパラか?








14-08-31-9999 186

画像見て笑いました

炉端でイカ刺しなんて頼む?

ってか、この店良い鮮魚を仕入れてるから、

当然ながら生ものの評判がいいのです・・






すいません、焼酎お代わりください


14-08-31-9999 181








さらにド~ン!


14-08-31-9999 188


見てるだけでお腹がいっぱいになって来るヴィジュアル(^^;

これ、相当デカイですよ、分厚いですよ、、、、(><、


何でしょうね?

やっぱり見てくれどおりのオムレツ?

それとも名物の豚ペイ?



どっちでもエエけど、、、;;








14-08-31-9999 190

いろんな枡を積み上げて勘定されますよ




とにかく前後不覚の一歩手前であったと存じます


14-08-31-9999 177

さて、大満足の柳屋はん(記憶にないけど・・;;








いよいよ次は失踪ファイナルステージ日曜編!


無事に家に帰り着くのか~~~~、、、、、








とりあえず向かいの風月との路地裏に頭から転がり落ちました





ごっとはん♪









[ 2014/09/03 13:54 ] 失踪ネタ | TB(0) | CM(4)

にっしゃんの驚愕の真実 part3

いったいに、あまりに情けない己が体重ではあるのだが、

この失踪四日間の呑みっぷりはさておき、

食べっぷりはどうであったらうか?

そこへさして、平素も少々時間がずれる場合があるにせよ、

三食はきっちり摂っておるのであるからして、

どうにも増量出来ぬ自分が歯痒くてならないのである

むろん、とうのウン十年前に成長期は終わっており、

初老となった現在、むしろ痩せてゆく方が自然の摂理なぞと言わずも、

身体自体は小さくなってゆくものである

しかしながら、たとい歳がいくつであらうとも、

大の男がモヤシだの針金だの、

云うに事欠いて、骨皮筋衛門なぞと言われ放題のまま捨て置けないのである

だから、ふたたびの宣言を高らかに行うものである

今年中に56kg~!」

私は一声大きくほき出して、

先輩の後について近鉄難波駅に向かうものであった


















14-08-31-9999 125

近鉄電車に揺られて、辿り着いた先は鶴橋であったのだが、

恐らくはここに至るまでに、

難波周辺で先輩に買い物に付き合わされた記憶がないでもない

秋の陽は釣瓶落としとは申せ、

あの時間帯にミュンヘンを出ておるのであれば、

ここまでの陽の暮れように説明がつかないではないか













14-08-31-9999 126

もう、鶴橋では定番になってしまったお店

焼肉ストリート側の自動ドアからは入らない

昔ながらの横丁側の門口を手で開け放って突進する











14-08-31-9999 128

先輩が頭から転がり込んだのに続いて、

私は左肩から暖簾にぶちかましていったものである









14-08-31-9999 146

土曜日であったにもかかわらず、

店内は五割にも満たない入りであった










14-08-31-9999 131

いつものイケメン兄ちゃんの姿はなかったものの、

なかなかに、好店員が揃った店であり、

やはり名女将の平素からの教育が行き届いているのかなぞ、

呆けた頭でその女将の姿を店内に求むる











14-08-31-9999 133

むろん、こういったいわゆる焼肉屋においては、

今までさんざっぱらビールを味わってきたとしても、

初手にはどうにも生が欲しくなる

まずは店内の匂いで麦酒を流し込みたいのである








そして、まるで取り付かれたように、何がために

毎々同じ青い暖簾をくぐり続けておるのか





それはやはり、





14-08-31-9999 137

上塩タンとクリームニンニクがあるからだとしか答えようがない


何故山に登るか?なぞ、大いに愚問であるような気がするのであるが、

一度自分で登ってみれば良いのであって、

「食べて分からん奴には説明しても分から===ん!」

なぞと、私はつい大声で実食を薦めてみせるのである







14-08-31-9999 140

充分にレモンを搾りかけ網に乗せるや否や、

早速にお待ち兼ねのクリームニンニクを少量盛り上げるのである

そして、女将の名文句

「じぇったい裏返したらアカンでぇ~~っ!」

わたしはこの日も律儀にそれを守り、

自身のてしょう皿にタンを一枚掴み置いたものである





14-08-31-9999 152

ほとばしるジューシーな塩タン

そして、その名の如く余りにまろやかなクリームニンニク

幾度も経験している味ではあるのだが、一枚口へ放り込んで


く~~~っくっくっくっくっく、、、、!

此度もまた歓喜の雄叫びをほきあげたのである



「はい、何かご注文ですか?」



「あ、あ、く、く、黒甕のロックを、、、」



「は~い、ありがとうございます~」



私は黒甕を舐めつつ、先輩にタンを焼かせて

次々とこの世の幸せを独り占めにしてゆく・・






さらに、こちらの二枚看板のもうひとつ






14-08-31-9999 156

上ロースに舌鼓を打ったのである

決して店のタレが口に合わないのではなく、

呑みに徹する際においては、

私は塩系でいただくことにしている

こちらのピンクの岩塩が肉に美味いコクを与えてくれるのである

むろん、ご飯を欲したときにはタレで一気に勝負に出る場合が多い



14-08-31-9999 162

こやつにもニンンク化粧を施し、

美味しいお肉を頂きながら、

私はもう2杯ロックを愉しんだ




14-08-31-9999 160

魔法のニンニク

スーパーニンニク

吾らのニンニク

その名もクリームニンニク






14-08-31-9999 164

深い余韻に浸りながら、

私たちはそっと静かに箸を置いた







14-08-31-9999 148


「先輩、もう一軒行きまひょかぁ?」

「よっしゃ行こ行こ~~っ!」






一筋東側の炉端焼き屋を目指して我々は路地裏に頭から転がり出たのである






ご馳走様~♪


訂正があります
 上記記事に於いて、上ロースと記述したお肉は、
 上ハラミでございました
 後日、先輩との電話にての会話で指摘をいただいたものであります
 本日ここに、お詫びを申し上げた上で訂正いたします
 (本文中においてはママでありますが・・)
 申し訳ありません

 特にお店側に対しては深くお詫び申し上げます
  2014.09.04.21:17

[ 2014/09/02 12:19 ] 失踪ネタ | TB(0) | CM(4)

にっしゃんの驚愕の真実 part2

土曜日はナカジマはんを後にしまして、

地下鉄で心斎橋まで。。。





14-08-31-9999 097

大丸前で待ち合わせ?

今となればどこで待ち合わせたのか思い出せません

この時点でかなり酔っておったのでしょうね







更にこの店に行ったことは全く記憶にありません

画像を見ればおぼろげながら断片的にも、

記憶の欠片一枚くらいは浮かび上がってくるものなんですが、

完全に欠落しておりますね


14-08-22-24-999 091









14-08-31-9999 101

だけどミュンヘンなんて行ったかなぁ

画像見ても半信半疑ですね

この店なら、きっと生ビールかヴァイツェンビールで乾杯







14-08-31-9999 106




14-08-31-9999 108



何度もしつこいようですが、

行ったかなぁ????










14-08-31-9999 104

サラダ?

むろん味なんて分かりません









14-08-31-9999 112

ん、、、

ハーフ&ハーフ?










14-08-31-9999 110

やっぱり名物のかしわは頼んでおるようです







14-08-31-9999 114

でもよく呑んで、よく食べるなぁ

って云いますか、

まだこのあと行ってるんですよね(><、




で、御堂筋をナンバ方面に歩いたのですね?



14-08-31-9999 117






これが動かぬ証拠写真だぁ!!!














14-08-31-9999 123


ごっとはん♪

[ 2014/09/02 10:08 ] 失踪ネタ | TB(0) | CM(4)

にっしゃんの驚愕の真実 part1

平成26年8月30日(土)

この日はややゆっくり目のスタート

よ~く眠ったんだと思います






その1軒目











14-08-31-9999 062

11時開店のABS








14-08-31-9999 073

その前から呑んでる常連さん、、、(^^;









14-08-31-9999 064

起き抜けのビールは本当に美味い♪








14-08-31-9999 066


14-08-31-9999 067

とある肴を見つけて眼がキラリ!












14-08-31-9999 071


ひいかの生ゲソ

これは美味かった記憶がありますね

ま、朝一の出来事ですから・・;;





となれば、やはり・・





14-08-31-9999 075

熱燗!

だけど小盛りにしておいた

長~~くなりそうな一日を我が身は感じ取っておったのか。。。






さらにもう一品

煮炊きを








14-08-31-9999 077

鱧の卵とじだったように思います

煮汁がいい塩梅でした

って、なんだかんだと食べていますね

ただ、相変わらずの53.6kg

56kgへの道は遠いなぁ・・





14-08-31-9999 080

むろんいくらか覚えておりませんが、

今ざっくり計算してみると、

¥1280くらいじゃないのかな?








そして私は西へ下った










14-08-31-9999 081

ニュワックヮズィ~ムは~~~ん♪




14-08-31-9999 084

こんなに良い天気だった?

土曜日は・・・


まるでサライの空のようでした。。。(^^;

そうやわ、土曜日から始まったんですね?








14-08-31-9999 088

おいでや~~~す!

いつもの常連は、もうとうに帰りましたで~~、、、





何呑んだのかしら?

画像が残っておりません、、(^^;

でも多分、蕎麦焼酎雲海水割大盛でしょう

社長といろいろしゃべってる最中に、

運命のメールを受信



「久々に呑みましょか?」

こないだも呑んだと思うのだが・・(^^;








14-08-31-9999 091

昼ご飯を兼ねて先輩からのちょい呑み呼び出しでした、、、、;;









14-08-31-9999 094

呑みすぎですいません、、、(><、






何故か心斎橋へGO!(画像を見て驚きました、、、^^;






ごっとはん♪






[ 2014/09/02 09:17 ] 失踪ネタ | TB(0) | CM(2)
毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR