咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03

にっしゃんの誤解を恐れず六階に住む




今日は久しぶりに清々しい気候であるなと、

喜んでおったのも束の間、

明日は昼からまた雨が降ると云う

その後も何やらすっきりせず

来週も暫くぐずつく模様であるなぞと、











uesimaryuhei.png

いい加減にしろ!と云うのである






小諸なる古城のほとり

雲白く遊子悲しむ

緑なすはこべは萌えず

若草も藉くによしなし

しろがねのふすまの丘べ

日にとけてあわ雪流る





暮れゆけば浅間も見えず

歌かなし佐久の草笛

千曲川いざよう波の

岸近き宿にのぼりつ

にごり酒にごれる飲みて

草まくらしばしなぐさむ



少しく風もそよぎ、爽やかな、そして穏やかな心地をふとこりながら、

せっかくに、藤村の詩をば口ずさんでいた処へ、

斯様な陰気でじめじめした予報なぞ、

人の了解をも取らずして、

頭の上から一方的に浴びせかけて来るなと云うのである

全く以って、けしからんではないか


kick.png

私は雨が大嫌いなのである!






日乗




月曜日

そして私は天王寺に流れた




15-06-01-02 023






15-06-01-02 025

花やんのぬる燗が猛烈に呑みたくなったのだ







15-06-01-02 026

いつものようにカウンターには常連が占めていたから、

私は棚前の簡易テーブルに着く






15-06-01-02 034

むろん、千福をぬるで






15-06-01-02 031

ほぼ同年代であろう大将が、

わざわざヤカンで以って誂(あつら)えてくれたのだ





15-06-01-02 033

実に良い塩梅に燗付けされた千福を味わいながらも、

左手に握っていたスマホで以って、

あねごに立て続けにメールを打電しまくる


幾度かのやり取りの後、

出先から戻る途中のあねごが天王寺で私を拾ってくれることになったのだ




15-06-01-02 039

今回もツマミなしで一杯のみ聞こし召した


やはり、千福は美味い酒であることを再認識






15-06-01-02 036

お代¥280で横丁に頭から転がり出たのである




ごっとはん♪












待ち合わせの場所に向かうと、

既にハザードを点滅させて待ってくれていたのだ

慌てて私が助手席に身体を滑り込ませると同時に、

あねごはダッシュよく車を発進させたのであった




15-06-01-02 041



あねごは帰宅途中であったがため、

少しく小腹を空かせているらしく、

ならばと軽食をファミレスで摂ろうということと相成った








15-06-01-02 042

結句、JOLLY PASTA





私的にはかつてより味は落ちたと思うのだが・・









15-06-01-02 046

真にあねごには申し訳ないことながら、

私は遠慮せずに初手にプレモルを誂(あつら)えたのである


よく冷えて、実に美味し!


「良かったねぇ~、私は帰ってから浴びるほどいただくわ」

なぞ、けっこう冷ややかな口調が少しく気になったわたしである









端(はな)、ビールのつまみにサラダを調(ととの)える






15-06-01-02 049

パンチェッタとイタリアンポテトのサラダ


野菜は兎も角も、パンチェッタとポテトが中々に秀逸なツマミとなってくれた

15-06-01-02 051








15-06-01-02 057

あねごの指名は、

ピザ屋さんの窯焼きクラムチャウダー

中々に乙女チックなお菜を購(もと)めるあねごである





ふたりで分け合うことし、

パスタの品書きを眺めたのだが、

そんなものを見なくとも私のオーダーは端から決まっているのだ












15-06-01-02 053

森のたまごの手作りカルボナーラ




15-06-01-02 054

予想以上のボリュームに、

二人とは言え、食べきれるか少しく心配になる




ならばと、

15-06-01-02 062

白ワインを願い出て、


15-06-01-02 060

カルボナーラを愉しんだのだ




が、中々にパスタがへらなかったものだから、





15-06-01-02 063

結句、プレモルをもう一杯追加


どもならん、おやぢなのである







15-06-01-02 064

お腹パンパンで、ご馳走様でした♪





帰路、再びとあねごに天王寺まで送り届けさせた、

15-06-01-02 043


どもならん、おやぢなのであった






申し訳なし、、、m(_ _)m
[ 2015/06/04 14:04 ] はしごネタ | TB(0) | CM(4)
毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR