咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07

にっしゃんの「生者必滅(しょうじゃひつめつ)、会者定離(えしゃじょうり)の理(ことわり)」





DSC_0028_201806070857476a9.jpg

昨日、

西梅田のブリーゼブリーゼ1F、2Fで開幕しました。(入場無料)

10日(日)まで開催しております。











私の日乗







水無月四日(月)













DSC_0008 (1)

布施を訪(おとの)うた











DSC_0009 (1)

大いに久方ぶりの該店

果たして、いつ以来であったろうか?











DSC_0015 (2)

カウンターに就くなり、がじゅまるから

「入院しとったんかぁ~?」なぞ云う、

ちびしい掛け声が飛んで来た










DSC_0012 (1)

いつもの生小はすっ飛ばして、

社長にお任せで美味い酒を願い出る


広島は西条

「賀茂泉」なり





72975775_o1.jpg

大いに美味~し!










DSC_0018 (2)

蚕豆(そらまめ)

美味し!

大好物である





するうち、






DSC_0019 (1)

社長おすすめ、本マグロ中トロのピンボケが引き上がる

大いjに美味~~し!










DSC_0027 (2)

麦焼酎水割り水少な目レモン

美味し










DSC_0023 (2)

ししと焼き

美味し








DSC_0026 (2)

偶(たま)と誂(あつら)えるカレイの唐揚げは、

得も云えぬ味わい

実に焼酎と合う










DSC_0030 (2)

むろん、

差し替える

美味し






ふと、いつもと何とはなしに店内の様子が違う

「大女将は?」





DSC_0014 (2)

天海祐希ちゃん曰く、

4月の或る日、突然他界されたとのこと

斃れる間際まで、全くの普通であったらしい


突然の訃報を耳にし、

何故長い間、

店に顔を出さなかったかと、

大いに自責の念に駆られる

訪(おとの)わなかった訳ではない





DSC_0004 (5)


DSC_0002 (8)

幾度か、

狙い撃ちで訪(おとの)うたのだが、

マン悪く、見事に体を躱(かわ)されたものであった




いずれにせよ、遅まきながら、

大女将のご冥福を心よりお祈り申し上げる

「ありがとうございました」










DSC_0029 (2)

〆鯖

大いに滋味深し!








DSC_0034_20180607095055f46.jpg

〆の麦ロックをと調(ととの)えたタイミングで、





DSC_0032 (2)

祐希ちゃんが手製の「赤カブ古漬け」を出してくれた

ここで胸にグッときた

いつもなら、ここで大女将のお漬物(もん)

本当に居なくなったんだなぁと、

しみじみ実感す













酔眼&酩酊&合掌!






17-04-16 205



ブランド~リに頭から転がり出たのである


ごっとはん(^^♪




[ 2018/06/07 10:36 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(0)

にっしゃんの「紀州のドンファン」


今日から「水無月」

今年も早や五カ月も経(た)ててしまった

まさに「光陰矢の如し」ではある


なぞ言い条、

拓郎作曲の「ドンファン」を唄っていた「神田広美」はどうしているのだろうか?

確か「スタ誕」出身であったのだが、

結句、5~6曲程度でいつの間にか姿を消していた

該番組出身者では、

桜田淳子に次ぐ好きなアイドルであったのだ (やかましぃ!



然り乍ら、

資産家の怪死

大いにきな臭い

果たして何があったのか?






以上!







まぁ、そんなことは兎も角として、



二十七日(日)


OAPからシャトルバスにて梅田へ向かう

空調が効いて快適、

おまけに無料とくれば利用しない手はあるまい







西梅田から地下に降り、

結句、駅前3ビルに向かう



DSC_0088 (2)

然り乍ら、

予期せぬ超満員で待ちに廻る







DSC_0089 (2)

中々に便利な店ではある

10数分ほどで入店











DSC_0095 (2)

カウンター奥寄りに「ほら見たことかの、交流戦いきなり3連敗」の陣を展開す










DSC_0091 (1)

端(はな)、大瓶を願い出た

美味し

ここはいいねぇ

虹の街の店は確か生ビールしかなかったように記憶している










DSC_0092 (2)

私は即、メガハイボールに鞍替えす

美味し

然り乍ら、

大いに重し









肴(さかな)をそろえる








DSC_0098 (2)

初手(しょて)にかつをたたきを誂(あつら)えた





DSC_0101 (2)

にんにくで大いに美味し!









DSC_0100 (2)

関東煮の絹ごし豆腐

超薄味

とろろ昆布で美味し









相方、

酒に走る









DSC_0103 (2)

あちょ~っ! (黙っとれ!









DSC_0106 (2)

塩鮭アラ焼き

安くて美味しくて酒に合う

然り乍ら、

大いに塩ょっぱし








そろそろ下町の社交場、

開店の時間







軽(か)ろき酩酊!







DSC_0093 (2)

ごっとはん(^^♪

[ 2018/06/01 10:00 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(0)

にっしゃんの「八軒屋から伏見に渡す渡し船は、 三十石と云いますから、かなり大きい船でしょう。」



これへ石松っつぁんが乗り込んで、

余計なお財(たから)払って、胴(どう)の間のところ、

畳一畳ばかりを借切って、

親分には内緒だが、途中で買ってきた小さな酒樽、

ふちの欠けた湯呑に注いで飲む。

大阪本町橋の名物、押し寿司を脇に置いて、

酒を飲み、寿司を食べている内に、

船が川の半ばへ出る。


乗合衆の話、

利口が馬鹿になって大きな声で喋る。

つまり退屈しのぎ、この話を黙って聞いていると面白い。

お国自慢に名物自慢、仕舞いには豪傑の話が出る。

「武蔵坊弁慶と野見宿禰(のみのすくね)が、

相撲を取ったらどっちが強いだろう。」

「ヘん、つまらねえ話をしていやがる。

弁慶と野見宿禰が相撲取ってたまるかい。」

「だけど面白いな。この話が酒の肴になるからな。」









DSC_0053 (2)

下町中華を訪j(おとの)うた










DSC_0056 (2)

端(はな)、生ビール小と餃子を願い出た









DSC_0059 (1)

焼き上がり







DSC_0061 (2)

タレに自家製ラー油をぶちかまして、

大いに美味し

大いに痺れる










DSC_0054 (2)

暫時、品書きを睨(ね)め付けた後、

ママに注文をほき上げる












DSC_0063 (1)

大将自慢の「麻婆豆腐」

麻と辣

かなり効くのだが、

旨味が勝っているので、私でも頑張れるのだ



DSC_0064 (1)

大いに美味~~し!

小さき頃の好物であったものだが、

齢を経(た)てるにつれ、

何故か進んで口にすることがなくなってきたのである

然り乍ら、

昔食べた麻婆豆腐の味と、

該店の味わいは大いに異なるのである

それにしても、恐るべき量

食べても食べても一向に減らず













DSC_0066 (2)

大分むぎ焼酎「二階堂」ロック大盛り(ダブル)と、

烏龍茶をセパレートで調(ととの)える

然り乍ら、

該店の大盛り

ママが二階堂の一升瓶からビールグラスに8分目ほど注ぎ、

それを氷の入ったジョッキにドバっとぶちかます

それを二度行うがため、

ジョッキは焼酎と氷でテンコ盛りと相成るのである

あぁ、

畏るべし

下町中華

コスパ最高

然り乍ら、

ダブルとトリプル

女将は混同しているに違いあるまい












DSC_0069 (2)

ラー油をかました中華キュウリで、

二階堂ウーロン地獄をやっつける

美味し









DSC_0073 (2)

熱燗小盛りで温まる








〆のお菜は、




DSC_0071 (2)

小海老の天ぷらハーフで

胡椒塩と辛子で大いに美味し






猶(なお)と麦ロック小盛りで、

満腹&酔眼&酩酊!





長き日曜日はこれにて予定終了






ごっとはん(^^♪
[ 2018/05/23 13:18 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(0)

にっしゃんの「座頭市 果し状」




やったことは未曾有の悪行であったが、

自らの意思で会見を開き、

猛省し、今回の経緯を語ったことはよかったのではないか

それに引きかえ、

未だ大学側は・・・









東花園から上本町に戻る

少しく稽古場に立ち寄ったのち、









DSC_0021 (5)

ハイハイの長暖簾を訪(おとの)うた










DSC_0024 (4)

一時期を思わば、

酒類は大いに値が上がった










DSC_0019 (5)

麦焼酎水割りを願い出て、









DSC_0023 (5)

品書きを眺める


わけぎぬた和えか、

焼き鳥塩焼きか、

串かつか












DSC_0026 (5)

結句、串カツを誂(あつら)える

うずら卵と玉ねぎは塩で

該店は串カツソースを置いていないものだから、

牛はウスターソースを代用するのである

美味し





お代は¥560




この日のメイン

下町中華に向かうこととす







軽(か)ろき酩酊!







DSC_0020 (6)


ごっとはん(^^♪


[ 2018/05/23 09:54 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(2)

にっしゃんの「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」






十三日(日)

二軒目






ハイハイタウンを訪(おとの)うた










DSC_0068_201805181319158a9.jpg

「店長、カッパの名コンビ」

なぞ言い条、

「カッパ」は東店に異動となったがため、

久しぶりに顔を見に、

東店に往こうかと思ったのではあるが、

広い店内であるがため、少しく騒がしい雰囲気を嫌って、

やはり狭い横穴式の該店に落ち着くこととしたのだ







00020002_20180518132338d27.jpg

座り慣れた最奥カウンターに「アッパーを打て!」の陣を展開す









DSC_0110 (1)

然り乍ら、

店長から「この後に予約がはいってるもんですから、ご協力をおねがいします」との、

申し入れにコクンと頷く私であった

さぁ、時間との闘いである











DSC_0097 (1)

端(はな)、生ビール小を願い出る

美味し











DSC_0106 (1)

初手(しょて)から握りを誂(あつら)える

中トロ

大いに美味し!










活けトリガイ

SOLD OUT

残念無念!

旬のお菜

大いに愉しみにしていたのだ

で、あるならば、










DSC_0103 (1)

もうひとつのお愉しみ

鱧おとし、梅肉で


大いに美味~し!

今夏初であった









DSC_0114 (1)


DSC_0098 (1)

冷たきところを聞こし召した




DSC_0116 (1)

大いに美味し!











DSC_0112 (1)

岩ガキ

大いに滋味深し!





店長の「そろそろ・・・」

耳打ちに反応し、









DSC_0119 (1)

鰻の握りで〆たのである




旬をいただき、酔眼&酩酊!










DSC_0100 (1)

ちょど、時間となりました~

またの口演勤めましょ~~~







ごっとはん(^^♪

[ 2018/05/18 13:40 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(0)
毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR