咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2016 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 11
月別アーカイブ  [ 2016年10月 ] 

≪ 前月 |  2016年10月  | 翌月 ≫

にっしゃんの「菱垣廻船と樽廻船~会期中吞み歩き その4」




気がつけば神無月最終日

今月もあっという間に過ぎ去った



「杉作、日本の夜明けは近いぞ」

「天狗のおじちゃん!」





以上!





まぁ、そんなことは兎も角として、




二十二日(土)


ハイハイから心斎橋D丸へ

後期展への作品入れ替えである

残念ながら前期グループとは顔を合わせられなかったが、

搬入口からの入場もすんなり進み、

花席での生け込みもスムーズすぎるくらいに捗(はかど)った

やはり、周到過ぎるくらいの準備が肝要


あっという間に作業を終えて、

お手伝いの方と軽(か)ろき夕食を摂りに階下のレストラン街に移動す










5E4A0112.jpg

手早く食事出来そうであったから、




16-10-21-23 050

logo5[1]

好物のパスタをセットで頂くこととす


ここ、A-1ベーカリーが経営しているそうな











16-10-21-23 058

閑散とした店内

品書きを眺め、必死にクリームソース系のパスタを探す










16-10-21-23 051

初手(しょて)にサラダ

少しくドレッシングが私にはきつかった











16-10-21-23 053

ドッスンバリバリと生ビール

美味し!

会場が熱気で暑かったものだから、

猶(なお)と美味しく感じたのだ

+¥100で、セットのソフトドリンクからチェンジ出来る

素晴らしい









16-10-21-23 063

二種の温かいパン

オリーブオイルで美味し!












16-10-21-23 065

さてメインディッシュ

フライドオニオンとパンチェッタのクリーミーカルボナーラ










16-10-21-23 070

大いに美味し!

間違いなし!










16-10-21-23 072

これにて生をもう一杯

美味し!










16-10-21-23 060

ごった返す会場を見上げながら、ご馳走様でした(^^♪

[ 2016/10/31 13:05 ] 食事ネタ | TB(0) | CM(0)

にっしゃんの「やるせない夕陽より 信じれる朝日が見たい~会期中呑み歩き その3」




些か、旧聞に属するネタではあるのだが、

日本シリーズは2連敗のあと、

ハムの怒涛の4連勝でその幕を閉じたのではあるが

話題の黒田と大谷

いずれも大いに消化不良のシリーズとなったに違いあるまい

別段、カープファンでも何でもないのだが、

どうせなら、黒田の最後の雄姿を是非とも拝んでみたかったのである


しかしながら、我が虎は来年もカープに苦杯を嘗めさせられるのかと思うるに、

何が何でも今オフには、糸井と陽岱鋼と山口と平田と森福を取らなければならないのである


それでも、アカンかな?






以上!







まぁ、そんなことは兎も角として、





私の日乗







神無月二十二日(土)






朝から会場へは向かわず、

稽古場でおねおねと作品の手入れを行い、

昼をまわったあたりで、昼食を摂りにでかける

その足で会場に行く予定であった











16-10-21-23 031

ナニやカニやと言い条、

最近ちょくちょく訪(おとの)うている気がする










16-10-21-23 041

この日も閑古鳥であった











16-10-21-23 033

アサヒ大瓶

美味し













16-10-21-23 037

狙い撃ちであった

端(はな)から決めていたのである

何せ、昼食であるのだから

すき鍋であったか?

すき焼きであったか?

この際、どうでもよいことではあるが、






16-10-21-23 039

別に生卵を誂(あつら)えたのである

然り乍ら、鍋が¥380なぞ云う超廉価であるのに対し、

なぜ斯様な小玉一個が¥100もするのであろうか?







16-10-21-23 045

そんな事をぐじぐじと考えながら、









16-10-21-23 048

ランチタイムの終了である











16-10-21-23 043

さてと出発







ごっとはん(^^♪
[ 2016/10/31 09:22 ] ランチネタ | TB(0) | CM(0)

心優しきオヤヂ~阪和線から反省す



ええ加減である

自身にも解らないのである


日付がバラバラであるような気がして来た


まあいい

殆どアクセスのない本記事である

何の影響もないと思われる

然り乍ら、誤解は解かねばならない


あちょ~っ‼️(やかましい‼️



いや、訪問日表記が少しくづれているのかも知れない


堪忍ー!(やかまし!



いや、ただそれだけ



明日のビッグレースにおける、

貴兄らの吉報を待っています

m(_ _)m




おやすみなさい
[ 2016/10/29 18:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

人工生命体M1号の「帰り道は遠かった来た時よりも遠かった~会期中呑み歩き その2





IMG_6726-999.jpg

中々に悪戦苦闘

頁(ページ)をはぐる指先がつと、止まりがちになる

完全に該作家のいつものイメージが染みついているものだから、

いきなりと捕物に出くわすと、

どうにも感が狂ってしまって、文字が頭に入ってこないのである

然り乍ら、意地でも完読を目指す

元々、捕物は好きであったのだから


うむ

佐武と市 捕物控

大いに好んで読んでいた






以上!







まぁ、そんなことは兎も角として、



私の日乗






神無月二十一日(金)



会場にちょこまかと顔を出し、

夕刻、再びと稽古場で作品の手直し

大概しんどくなって片付けもそこそこに、

ハイハイに流れた











IMG_5637_2016102915245254d.jpg

スーパーへヴィーローテーション











16-10-21-23 020

いつものテレビ前










16-10-21-23 017

生ビールをぶちかましながら、画面に見入る










16-10-21-23 023

ペペロンチーノ

simple is best

simple life,

it's my life.





16-10-21-23 024

にいちゃん、いつも上手につくりよるなぁ・・







16-10-21-23 026

美味し!






これにて、ハイボール都合二杯


16-10-21-23 028

軽(か)ろき酩酊にて家路に就いた






ごっとはん(^^♪
[ 2016/10/29 15:31 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(4)

人工生命体M1号の「54.5kgのブルース~会期中吞み歩き その1」




52.0kgのデッドラインから奇跡の復活を遂げたのだ

ついに明日は未踏の51kg台なぞ云う、

徳俵につま先がかかった状態から、

渾身の粘り腰で逆に土俵中央まで押し返してやったのだ

やれば出来る良い子なのである






以上!







私の日乗





神無月二十日(水)



この日が展覧会初日であった

すなわち前期展

朝からの開会式に出席し、

会場内を一回りした後、

またと稽古場に戻り、後期に出品する自身の作品制作






16-10-20-999 018

抜いては生け、生けては抜いての繰り返し

なんとか粗方の形、構成は出来上がったのだが、

念のため針金でぐるぐる巻きにして、

癖を付けてやる







そして、帰途はいつものハイハイ










16-10-20-999 001

へヴィーローテーション










16-10-20-999 003

中々に、テレビとは縁遠い生活を送っていたものであるから、







16-10-20-999 002

生ビール片手に、

日本シリーズ観戦と洒落込んだのだ

美味し!










16-10-20-999 015

品書きを眺むるも、

この日もやっぱり洋食










16-10-20-999 008

小エビのフリット

ボリュームがあり、見てくれも中々のものであったのだ






16-10-20-999 010

美味~~し!











16-10-20-999 012

ハイボールは都合二杯

じわりじわりと疲れ、そして睡魔が忍び寄ってきていた










16-10-20-999 006

早めの帰宅で、ごっとはん(^^♪









[ 2016/10/29 13:00 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(2)

人工生命体M1号の「わたしはカモメ~会期前呑み歩き その3」




陳者(のぶれば)、本記事書き出しに中(あた)って、

以下の通り、訂正があります。











16-10-19-20 003

過去記事中、この花材を「猿候杉」という字を充てましたが、

正しくは「猿猴杉」でありました

 →  の誤りでした






慎まずお詫び申し上げません。








以上!





まぁ、そんなことは兎も角として、



さても、洞窟寿司からの二軒目










16-10-19-20 052

へヴィーローテーション









16-10-19-20 060

「右翼席、テレビ前にハムが勝つなら今日一気に、

負ければ最終戦もカープが取る」の陣を際どく展開す










16-10-19-20 055

生を二杯ほど









16-10-19-20 062

また失念

確か、オリーブオイルでみじん切りニンニクとパン粉を色づくまで揚げたところへ、

海老やキノコを放り込んだ料理と思われる

アヒージョのようなものであろうか

この味わいは通好み

誂(あつら)えても後悔はさせぬ











16-10-19-20 070

MMR









16-10-19-20 071

大瓶









16-10-19-20 074

八宝菜

失礼ながら、スマッシュヒットな味わいであった









16-10-19-20 078

酔眼朦朧!








ごっとはん(^^♪
[ 2016/10/29 10:01 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(0)

にっしゃんの「仏になろうとしようより、仏でおるが造作がのうて近道でござるわいの~会期前呑み歩きその2




今日は今日とてくたびれた・・・





以上!







私の日乗






神無月十八日(火)








夕刻、おねおねと稽古場を後にする










16-10-19-20 009

会の準備を手伝ってくれている方と、

洞窟探検を決行す










16-10-19-20 019

カウンター奥っ端(ぱな)に「カタコンベ」の陣を背筋をゾクッとさせながら展開す











16-10-19-20 014

初手(しょて)に生小を誂(あつら)えた

美味し!












16-10-19-20 020

珍しく握りでスタート

海老

美味し










16-10-19-20 025

うなぎ肝焼き

滋味深し!










16-10-19-20 034

二階堂ロック



16-10-19-20 017

「上方よしお」

見事な注ぎっぷりであったのだ









16-10-19-20 027

あればつい頼んでしまう

活けトリガイ








16-10-19-20 029

16-10-19-20 031

酢味噌も美味し!










16-10-19-20 037

名張生タコ

梅肉で大いに美味し!











16-10-19-20 043

爾後、差し替えは三度










16-10-19-20 039

海鮮サラダ

ボリュームと鮮やかな海鮮たちの彩りに、

思わず笑みが零(こぼ)れた


16-10-19-20 042

「ドレッシングはお好みで」

って、手作りを出せよ


而(しか)して大いに美味し!

特に玉!










16-10-19-20 044

魚貝の赤出汁

観たまんまの味わい

美味し!










16-10-19-20 048

満腹&酩酊!










16-10-19-20 051

もう一軒?






ごっとはん(^^♪
[ 2016/10/28 16:31 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(0)

にっしゃんの「市中これ道場~会期前呑み歩きその1」



先の展覧会

稽古場で一週間ほど前からおねおねと準備を始めたのである

然り乍ら、夕刻が近づくと適当なところで切り上げ、

これまたおねおねと直(す)ぐと近くのハイハイを訪(おとの)う

これが毎夕続くのである

してみれば、上本町と云うのは私の第二、第三の故郷になったのかも知れない










IMG_5638_20161027121904117.jpg

例によって、¥150酒場

然り乍ら、驚くべきことに、平日17:00~18:00のタイムサービスが、

なんと、22:30までサービスタイムが延長になっていたのである












IMG_7247_201610271222087cc.jpg

待ちきれずに一口呑ってから撮影す

美味し












IMG_7250.jpg

サーモンたっぷりクリームパスタを誂(あつら)えた

確かにシャケが大量に放り込まれていたのだ








IMG_7251_201610271223585d5.jpg

然り乍ら、もう少しく塩味を効かせて欲しかった

なにやら病人食の味わいがしなくもない









この一皿で、

IMG_7253_20161027122512b6d.jpg

生の差し替え一度










IMG_7255_20161027122547694.jpg

ハイボール二杯を聞こし召したと云う顛末






軽(か)ろき酩酊にて帰途に就く







ごっとはん(^^♪














[ 2016/10/27 12:28 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(5)

にっしゃんの「世の中は喰うて稼いで寝て起きてさてその後は死ぬるばかりぞ」



ハイハイタウン未訪店めぐり

三軒目は、











IMG_7203.jpg

串カツ屋

いまどきの賑やかなチェーン店

ハイハイの2Fで勝負とは、ええ度胸をしている

ここでは何といっても地下であるからして、

1Fは兎も角として、

2Fになぞは絶対に近付くことはありはしまい









IMG_7210.jpg

案の定、無客成恭

「全国こども電話相談室」である




「先生、型破りと形無しの違いはなんですか?」


「そりゃあんた、型がある人間が型を破ると『型破り』、、

 型がない人間が型を破ったら『形無し』ですよ」


中々に、禅問答みたくもある








IMG_7212_20161027092520720.jpg

初手(しょて)にハイボール

最近、好んで呑むようになってきた

美味し



串は品名の印刷された注文書きに、

本数を記入して渡すようであった











IMG_7214_20161027092812ac9.jpg

今となれば何を誂(あつら)えたかは記憶にないのであるが、

揚げたてがバットに盛られてやってきた









IMG_7215_20161027092927365.jpg

串カツ屋はソースが命

予(かね)てよりの持論であるのだが、

それに背(そむ)かれた場合、

塩に頼れば間違いはない






IMG_7217.jpg

これはチーズだったかもしれない

むろん、「塩」









IMG_7220_20161027093201d17.jpg

差し替える

美味し











IMG_7222_20161027093228f60.jpg

文句を云いながらも、串揚げの追加

タネは可成りの小ぶりであったのだ







IMG_7224_20161027093325c8b.jpg

うずらの煮抜き

むろん、「塩」










IMG_7225_2016102709335787f.jpg

三杯目でグラスを置くこととす









IMG_7206.jpg

掘り炬燵式の小上がり

中々に使い勝手がよいかもしれない






満腹&酩酊!




少しく胸やけを感じながら、ごっとはん(^^♪
[ 2016/10/27 09:41 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(2)

にっしゃんの「ひっくりこけたくらいで、ぎゅうらしゅう泣かんの!」




上本町ハイハイタウン




「街の台所」を後にして、










IMG_7183_20161026134720dfe.jpg

以前から気になっていた

活けのサバが食べたかったのだ







IMG_7200_201610261348259db.jpg

かつてよく通った、

養老乃瀧を居抜きでの出店










IMG_7191.jpg

カウンター左端に、「豊後のキリシタン大名、大友宗麟」、

ローマへ伊東マンショを派遣すの陣を展開す










IMG_7186.jpg

エクストラゴールド

美味し











IMG_7187.jpg

突き出しは明太子

中々に九州らしい

辛かったが、美味し











IMG_7190_20161026135713f1c.jpg

然り乍ら、品書きが新聞紙サイズ

大いに見辛し










IMG_7195.jpg

お目当ての活け豊後サバの刺身

半身で税別¥1480

生け簀?水槽?から引きづり出して捌いてくれたのだ

残念ながら、胡麻サバは売り切れであった







IMG_7197.jpg

美味~~し!

究極の歯ごたえ

絶品であった







IMG_7198_20161026140529688.jpg

爾後、熱燗大徳利で押し通す

美味し








IMG_7192.jpg

「おきゅうと」なぞ云う、不思議なお菜を誂(あつら)えた

寒天であるのか?

スカみたいな味わいであった







然り乍ら、

活けサバと明太子で大満足






結構ボラれて、ごっとはん(^^♪





さて、未訪店三軒目へ

[ 2016/10/26 14:09 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(8)

にっしゃんの「心を洗って香と為し、体を恭(つつし)んで華と為す」







16-10-19-20 100


お陰様にて昨日、盛況裡に閉幕いたしました。










16-10-24-25 075-999

前、後期を通じ、連日大勢のお客様にお運びいただきましたこと、

厚く御礼申し上げます。














16-10-19-20 084-8887


前期展の作品


姫マサキ

藤正樹に非ず


ストレリチア(極楽鳥花)










16-10-24-25 047-67675

後期展の作品

最終日に壁面に吊り下げた作品の位置を真ん中に移動させてやったのだ

エンコスギ

壁面のはシンフォリカルポス










16-10-21-23 092






16-10-24-25 053

エンコスギは猿候杉と云う字を充てる






16-10-19-20 003

16-10-19-20 007

葉先がお猿さんの手指のように広がっているのがお分かりいただけるだろうか?

そこから名付けられた(と思う)






六日間

大いなる心地良き疲れ

今日からは暫時、安息の日々


を、送れるはずもなかろうが・・







まぁ、そんなことは兎も角として、



今ふたたび、皆様には感謝の念をお伝え申し上げて、

本展の幕を下ろさせていただきます

ありがとうございました。



m(_ _)m











[ 2016/10/26 10:05 ] お花ネタ | TB(0) | CM(2)

にっしゃんの「ハイハイめぐり~52.0kgのブルース」 part1



両肩から背中の上部にかけて鈍痛を感じている

そして、かなりのダルさである

寝違えたのかもしれないが、

兎に角、後方へ首をひねると首根っこにかなりの痛みが走るのである

こんな症状は生まれて初めてである

根がどこまでガラスのハートにできてる私であるから、

数日後にポックリ往くのかもしれない

なぞ、考えてしまうと、

たまらなく不安に苛まれるのである





以上!








まぁ、そんなことは兎も角として、



忙しい合間を縫っての投稿







この日もハイハイタウン




最近出来たのであろう、

新店を訪(おとの)うたのである










IMG_7180.jpg

街の台所・・・

何やら胡散臭さを感じぬでもなかったが、

ものは試しである










IMG_7165.jpg

小じんまりとした店内

所謂(いわゆる)、手狭である

テーブル2卓と、

7名?掛けのカウンター




テーブル席に「昨日は霜降」の陣を静かに展開す









IMG_7162_20161024094005bf6.jpg

初手(しょて)に願い出た瓶ビールを呑りながら、







IMG_7160_20161024094047cda.jpg

しげしげと品書きなぞ眺むる

高い訳でもなく、かと言い条、別段廉価でもない









IMG_7169_20161024094758d47.jpg

差し当たっては、まぐろの造り

見た目のしょぼさは際立ってはいたのだが、

食べてビックリ、こりゃ美味し!










IMG_7173_2016102409504436b.jpg

長芋焼き

美味し











IMG_7171.jpg

爾後、地獄割りを2杯










IMG_7176_20161024095204625.jpg

〆にモヤシ炒め

炒り卵が美味し!










IMG_7166_20161024095255ecc.jpg

何故か、キトキトの魚が食べたくなり、該店を後にする

次もハイハイ未訪店を目指したのである





短時間で、ごっとはん(^^♪

[ 2016/10/24 09:58 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(4)

にっしゃんの「ラスト3日間」



早暁より起きだして、本章を著す

昨夕、無事に作品の入れ替えを終えた

本日、日曜より後期展である

満を持してでもないが、

私の作品の出番である

併せて、日曜、火曜と当番のため会場詰めであるのだが、

特別企画の本展に関する座談会

進行を仰せつかってしまったので、

本日10:00-12:00、16:00-18:00は近くのホテルへ出張らねばならない

その間のみ不在となる案配なのだ





昨夕、入れ替え前に稽古場で撮った一枚

作品の一部である

矯正に針金で巻いたままであり、

また、枝の細かな捌きは未完ではあるが、

それは会場にて行うこととした












16-10-20-999 029


されば、8:30に会場入りのためぼちぼち出発することとす





以上!


神無月二十三日(日) 午前六時四十四分



私の日乗である
[ 2016/10/23 06:46 ] お花ネタ | TB(0) | CM(2)

にっしゃんの「戦士の休息」




会場、稽古場、ハイハイ

行ったり来たり、、、

いやいや、僅かばかりの休息をハイハイで




ならば、ついでにずいぶん前のネタおろし




それが私の日乗








神無月十五日(土)











IMG_7139_2016102121211605a.jpg

「塩」


ママが随分に驚いていた

「忙しいのと違いますの?」

「忙しい」



会話にならず



然り乍ら、偶(たま)と息抜きはじぇったいに必要なのである










IMG_7142_201610212123170c2.jpg

福建省地獄を誂(あつら)えた

きつし!



最近は週に一回来るかどうか

してみれば、中々にハードワークな地獄セット

睡眠不足もあろうが、たったのワンセットで意識が朦朧となる

するうち、気が大きくなり、

どうで周りの方々に、心にもないような耳障りの佳い言葉を、

さんざほき出してゆくに連れて、

結句、愈々と、自身の本性たるその地金が現れ出でてくるのであった

私とは、そんなロクデモナイ男なのである







IMG_7144.jpg

何か月ぶりかの湯豆腐

美味し

やはり醤油出汁が秀逸なのである

然り乍ら、またスプーン不要を伝え忘るる







IMG_7147_20161021213944c99.jpg

大根きざみとちりめんじゃこをポン酢で

美味し!

これをお菜に、







IMG_7150_20161021214152f99.jpg

熱燗を一杯聞こし召したのである









IMG_7146.jpg

ママは今年もご母堂と展覧会を訪(おとの)うてくれると云う

有り難し

むろん、定休日の日曜にお運びくださるのであるが、

その日と、最終の25日はたまさか、終日私の役員当番日である

またと会場でお目にかかると思うのだが、

その後は中々に一緒にお茶でもと云う訳にはいかず

それはいつも駆けつけてくれる諸兄に於いても同様である

何卒、ご賢察賜りたし









IMG_7151_20161021215212861.jpg

さて、もうひと踏ん張り










IMG_7139.jpg

酔眼そして大いに酩酊して、ごっとはん(^^♪
[ 2016/10/21 22:09 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(2)

にっしゃんの「ラグビーの楕円球はどちらに転ぶか判らない~その早過ぎるノーサイド」





gb-7sball-match1.jpg


53歳

あまりにも早い

私の四つ下である

彼には多くの感動を与えてもらった

このスポーツの素晴らしさを体現してみせてくれた

今夜はオリオン座流星群が天空を駆け抜けると云う

してみれば、彼はあの星になったのかもしれない

いや、星になったに違いあるまい



心より哀悼の誠を捧げます

不世出の天才へ





合掌
[ 2016/10/21 09:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

にっしゃんの「創立50周年記念展」





16-10-19-20 112

本日、無事オープニングを迎えました









16-10-19-20 107

会場内は熱気で熱い、暑い、、、、










16-10-19-20 099

然り乍ら、私は後期展の準備がありて、

忙しい、忙しい;;;

猫の手も借りたい按配で・・










16-10-19-20 097


暫時、ブログの更新も滞り





是非、お運びください

m(_ _)m

ただ、ゆめゆめ閉場時間にはご注意あれ

22日と25日はそれぞれ入れ替え、撤収作業のため、

夕方前には閉場いたします





あ、私は23日と25日はほぼ会場に詰めています(たぶん


では、また後日!
[ 2016/10/20 12:53 ] お花ネタ | TB(0) | CM(4)

外骨の「2025年問題~あぁ日本の行く末は・・」



考えるだに怖ろしい

今から9年後、即ち西暦2025年

約2200万人

国民の4人に1人が75歳以上なぞ云う、

超高齢化社会が訪ずれるのである

かつて、我が国を支えて来た「団塊の世代」が

この年に、75歳以上の後期高齢者となり、

その方々が今度は給付を受ける側にまわるのである


大丈夫か?日本


実に怖ろしい

真に怖ろしい

今から5年後

消費税25%

ほんまか?



あかん、、、、

怖ろしい






以上!








まぁ、そんなことは兎も角とせず、






私の日乗







神無月十三日(木)









IMG_7083.jpg

ハイハイタウンを訪(おとの)うた











IMG_7089_20161018124347bfd.jpg

ディック・ザ・ブルーザー「アトミック・ボムズ・アウェイ!」











IMG_7091_20161018124507804.jpg

初手(しょて)の生ビール

出て来た途端にぶちかます

渇きに弱いのだ

美味し!








IMG_7095.jpg

ふむふむ












IMG_7096.jpg

サーモンとアボカドの「ブルート・バーナード」ピザ

いや、クリームピザ

これが滅法美味かったのである

ジン・キニスキーも吃驚!








IMG_7099.jpg

差し替える











IMG_7102_20161018125513352.jpg

やはりここは洋食系が秀逸

たまに失敗しよるが・・・;









IMG_7106_20161018125543198.jpg

ハイボールは都合二杯









IMG_7105.jpg

クラッシャー・リソワスキー並みに酩酊!




〆て¥1300ほどで、ごっとはん(^^♪

[ 2016/10/18 13:00 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(2)

外骨の「山猫は眠れない ~52.8kgのブルース」



またぞろ、未明の3時や4時に目覚めるようになってきた

これが続くと、必ず反動が出る

だから、無理してでも再びと眠るように努めてはいるのだが、

眠りに集中すればするほど、目が冴えて来る

一旦起きて、CATVのチャンネルをひねくるのであるが、

あまり面白き番組が放映されていない

何と云っても、「ほん呪」をやっていないのだ

然り乍ら、やればやったで怖ろしさに身がすくみ、

頭から毛布をかぶって、

その隙間から覗き見する、

何とも情けないおやぢなのである

なぞ言い条、そんなことはどうでもよく、

兎にも角にも、あたしゃ眠たくて仕方がないのである





以上!












私の日乗







神無月十一日(火)









IMG_7013.jpg

布施に出張って、久々のあねご~ず










IMG_7041_201610180921169e7.jpg

カウンター奥側に「どこに消えたかボブ・ディラン」の陣を興味なさげに展開す








IMG_7033.jpg




端(はな)、ハートランド生小を誂(あつら)えた

IMG_7020.jpg

美味し!









IMG_7022.jpg

突き出しはマグロの竜田揚げとホウレンソウとミョウガとエノキのおひたし

竜田揚げが大いに美味し!










IMG_7015.jpg

IMG_7018.jpg









IMG_7024.jpg

三種盛り

中トロ、しまあじ、鯛

頼まずにいりゃりょうか






IMG_7026.jpg

美味~し!











IMG_7034.jpg

麦ロック









IMG_7027.jpg

道産子の生牡蠣







IMG_7029_201610180934017b7.jpg

クリーミー!











IMG_7040_20161018093431b4a.jpg


IMG_7046.jpg

酒に走る

美味し












そして、随分以前から気になっていた、










IMG_7036_20161018093553b36.jpg

和牛ステーキを100gで願い出たのである

然り乍ら、50gで¥1400~

ちとばかり欲をかいてはいまいか?







IMG_7038.jpg

美味~~し!










IMG_7044_201610180939450bc.jpg

定番、旬の野菜の炊き合わせ

いつものハーフで願い出たのであるが、

どう見てもミニではないか

ちとばかり、欲をかいてはいませんか?








IMG_7043_20161018094233814.jpg

ハイボールで〆とした










IMG_7047.jpg

満腹&酩酊!





ごっとはん(^^♪












IMG_7049.jpg

ちょこっと向かいの店に顔を出した

素通りも気が悪い









IMG_7059.jpg

相変わらずのボテ腹をかかえていた







IMG_7054.jpg

ハイボール2杯










IMG_5733_20161018094551f34.jpg

丸揚げ









IMG_7061.jpg

唯一、得一でゆったり呑める店








IMG_7056.jpg

またと寄ります










IMG_7053.jpg

あねご~ず、駅前にて無事散会す









超絶満腹!







ごっとはん(^^♪
[ 2016/10/18 09:52 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(4)

外骨の「貯蓄の日~ミナミ珍道中 その2」



貯蓄

全(まった)きに縁のない言葉

何でこんな日に私は世に生まれ出でたのか?

不思議でならないのである

根がどこまでも、宵越しの金は持たない主義者の私である

ま、墓場まで持っていける訳もなし、

なぞ言い条、今日、その墓場にまた一歩近づいたことは間違いあるまい

いくつまで生きられるやら先のこととて見通しはつかないが、

毎日毎日を悔いなきように前に進んでゆくだけ

ただ、それだけである





以上!







まぁ、そんなことは兎も角として、



北摂麗子さんとの呑み歩き




大ざわを出て、

裏ナンバ方面に歩を進めた







ずいぶんとうろ覚えではあるのだが、






16-10-10-reina 045

「最」に入ったような気がする

そうだとすれば、4年ぶりの訪問である

このあたりで呑むことは皆無に近いゆえ


まぁこの際、呑み屋ならどこでも良かったのであるが









16-10-10-reina 042

ハイボールで、この日3度目の乾杯

美味し!








16-10-10-reina 047-999

然り乍ら、店内は若き女性が多かった

最近は男子より女子の方が酒好きなのかもしれない

時代の流れか・・









16-10-10-reina 044

お菜は小芋の炊いたんと菜っ葉のおひたし

突き出しであったろうか?

然り乍ら、酒呑みは斯様なお菜を多く摂ること肝要なり










16-10-10-reina 050

ガンガン呑み、








16-10-10-reina 056

ガンガン差し替える


恐るべし、「北摂麗子」

蟒蛇(うわばみ)のような女子である









16-10-10-reina 057

この辺りでは既に酔眼朦朧状態であったはず

いろいろとお話しさせて頂いたのだが、

内容は断片的にしか記憶に残っておらない

なぞ言い条、あまり中身のある話は出来ない私ではあるが








16-10-10-reina 052-8889

そろそろお開きの心づもりの私であったが、

よくよく考えてみれば、日本橋まで歩けば、

堺筋線で淡路へ出て、急行に乗り帰ればスムーズな帰宅であるなと思い当たる







16-10-10-reina 060

してみれば、私も逆方向に乗れば、

動物園前駅から新今宮に上がれば関空快速

こりゃぁ、ええ按配だと、ひとり勝手に得心す


路地を抜け、虹の街に降りて、

東へ向かったのであるが、

ようやく眼前に地下鉄日本橋駅が現れたとき、

ふいに我々の行く手を阻む難所が視界を遮った























288_main01.jpg

吸い寄せられるように、

頭から転がり込んだのだ











16-10-10-reina 069

アサヒ大瓶で四度びとなる乾杯を決行す

美味し!










16-10-10-reina 075

お菜は関東煮のスジのみ

味なぞ記憶にない









後日、ポケットを探っておらば・・・









IMG_7228_20161017101930a1b.jpg

該店のレシートが現れた






退店時刻 20:40

たしか、15:30過ぎから呑み始めたはずであるから、

ほぼ5時間ほど呑み放しのお付き合いをいただいた


さすれば、イベントが終わって落ち着かば、

またと呑み歩きにまいりましょう

よければ、「参上!ゴケミドロ軍団!」呑み会にもお運びください


これにて、人間ポンプ北摂さんとのミナミ珍道中




ちょど、時間となりました~

またの口演つとめましょう~~~~~~~







ごっとはん(^^♪
























[ 2016/10/17 10:32 ] 放浪ネタ | TB(0) | CM(4)

外骨の「蒼蠅(そうよう)驥尾(きび)に付して千里を致す~ミナミ珍道中 その1」



ふ~む、、

ボブ・ディランにノーベル文学賞・・・




なんで?

ねぇ、、、なんで?




わたしには理解が出来ませんが・・・




え?お呼びでない?


お呼びでない、、、





こりゃまった失っ礼いたしました!




以上








まぁ、そんなことは兎も角として、





私の日乗







神無月十日(月)

体育の日であった




かねてより、

呑みをふとこっていた方と、

互いの都合が調(ととの)ったものだから、

この日、早夕のミナミへ繰り出すことと相成ったのである


私の打ち合わせ仕事の関係で、

そこから直ぐと近くの心斎橋OPA前で待ち合わせとして頂いた

因みに、私は一度もOPAの中に足を踏み入れたことがない

まぁ、そげなこつは本章とは何ら関係はない





16-10-10-reina 021



無事合流後、ご挨拶を済ませ、千日前方面に歩を進める

然り乍ら、いつ、いくつになっても初対面の折は少しく緊張してしまう

根がどこまでも夢見る少年にできてる私であるから、猶更のことではある

先様は女性である

ならば、仮に「北摂麗子」さんとしておこう

ただ、聞かば、おっさん居酒屋や立ち呑み屋が大好きであるそうな

むしろ、こちらの望むところではある













16-10-10-reina 022

初手(しょて)に訪(おとの)うたのは、

これぞオッサン居酒屋

さんきち正宗(ミヨシって書いてない;;











16-10-10-reina 023

まづはアサヒ大瓶にて乾杯

美味し!





刺身盛り合わせがあがるまで、



16-10-10-reina 024

カステラ

美味し!


これは麗子さんの口にも合うようであった

してみれば、彼女も相当な酒呑みに違いあるまい






16-10-10-reina 026

刺し盛り(小)

中トロ、カンパチ、かつをたたき、鱧おとし、鯛

五種盛りである







16-10-10-reina 028

美味~し!









16-10-10-reina 031

ビールの後、

私は芋ロック、麗子さんは芋水割りで押し通したのだが、

彼女の差し替えのピッチが半端なかったのである

ものの数分でグラスの焼酎がどんどん空いてゆく

人のことは云えまいが、

かくもスレンダーな身体で、

どこにこんな大量の水気が収まるのであろうか?

まるで人間ポンプではないか


1軒目で早くも麗子さんの本性を垣間見た気がしたのだが、

むろん、これで治まりのつくポンプ麗子さんではなかったのである






2軒目は西へ少しく歩いた

別段、どこでも良かったのであるが、

酔いの回りきらぬうちに、

早めに訪(おとの)いたい店があった










16-10-10-reina 033

そう、例年通り、八角親方に展覧会の招待券を手渡したかったのである

毎年、多くの常連さんに手配りしてくだすっている










16-10-10-reina 038

然り乍ら、親方は支店に出向中とのこと

代わりにおねえさんに託(ことづけ)を頼むと、

例のチケットやねなぞ云い、

快く受け取ってくだすった

むろん、彼女たちも会場へ足を運んでくれている








16-10-10-reina 034

私はロックで、ポンプ彼女はハイボールにて再びと乾杯す

聞かば、麗子さんは外では日本酒以外を聞こし召しているらしい

日本酒を始めると、いつしか正体を失くすのだそうだ

私はそれを聞くと、思わず熱燗大盛りを誂(あつら)えそうになったのは、

どうかここだけの話、他言は無用に願いたい








16-10-10-reina 035

お菜は美味しいきゅうりの一本漬けのみではあったが、







16-10-10-reina 037

互いに呑むほうはさらにピッチが上がり、

3軒目を目指すことに、何のためらいも見せないポンプ麗子さんであったのだ









16-10-10-reina 041


ならば、もう一軒!





親方に宜しく、ごっとはん(^^♪




[ 2016/10/15 13:13 ] 放浪ネタ | TB(0) | CM(4)

外骨の「大船に乗ったつもりが、とんだ泥船に乗っていた」



今日、昼前に今般の展覧会で使う花材を仕入れて来た

私の出番は後期であるからして、

ちとばかし早いんじゃないかとは言い条、

その辺りは結構長持ちするものを調(ととの)えてきたのである

少しづつ、気持ちが動き始めたのだ

高揚感と云うものもふとこり始めた


ただ、またぞろ地味な古典的な作品、

観る者からして退屈な作品に映るのであろうが、

そんなことは私の知ったことではない

私はそれが好きだから生けるのである

だから何分にもご容赦願いたいと思う


って、私は誰に向かって語り掛けているのであらうか?




以上!







ハイハイの洞窟から這い出して、





IMG_6879.jpg

日曜に開いてる店を探した










IMG_6650.jpg

珍しく日曜オープン

かつての「塩」並みに足を運んでいる

時間の都合でかなり該店ネタはお蔵入り、

いや、塩漬けとなっている








IMG_6880.jpg

生で乾杯








IMG_6882.jpg

この時間帯にしては珍しく、

数人の先客が呑っていた










IMG_6884.jpg

マルゲリータ

ここの洋食は美味い

ただ、安普請の居酒屋にしては、

お菜の値段は安くはない


美味し!










IMG_6885.jpg

〆はハイボール

美味し!







軽(か)ろき酩酊をふとこって、

次店に流れる






ごっとはん(^^♪











16-09-23-26 292

(他日撮影)










IMG_6888.jpg

先客二人ほど

先行きを案じる










IMG_6889.jpg

名張タコはんをムギュムギュと噛み締めながら、









IMG_6886.jpg

堪えていた冷酒を都合二本







完全酔眼朦朧!

眠き眼をこすりながら散会す








ごっとはん(^^♪






[ 2016/10/14 12:55 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(2)

外骨の「秋空晴れて菊薫る~52.3kgのブルース」



九日(日)

出稽古を終えて、いそいそとハイハイに向かった

該地で待ち合わせをふとこっていたのだ

そう、遅めのランチ呑みであったのだ









IMG_6826.jpg

然り乍ら、お昼もとっくに過ぎ去った午後3時

ハイハイは閑散としていた











IMG_6837.jpg

そんな中、洞窟寿司を訪(おとの)うたのである










IMG_6847.jpg

とば口に「メンタンピンドラ1で親満」の陣でトイメンをギャフンと云わせた

意味不明



奥にお爺さん、息子夫婦、孫二人

大いに姦しい

洞窟に団体でやって来るとは、

実に嘆かわしい








IMG_6839.jpg

先着の私であったから、

生小を誂(あつら)えて、先におっ始めたのだ

美味し









合流後、乾杯を経(た)てた後、









IMG_6845.jpg

眼前の栄螺、鮑、車海老には眼もくれず、











IMG_6842.jpg

初手(しょて)に生ゲソをアテで誂(あつら)えた

即ち造りにて頂戴す






IMG_6844.jpg

大いに美味し!

まさに王道ネタではあろう









IMG_6855.jpg

麦ロック

溢れんばかりの注ぎっぷり

見事なり










IMG_6857.jpg

北海道の生牡蠣につづいて、








IMG_6859.jpg

握りは中トロで

美味し!

牡蠣はクリーミーで焼酎に佳く合ったのだ









IMG_6864.jpg

食欲の秋

代表格であろう生サンマ

美味~し!

ええ仕事しよるわ、この上方よしおは!


IMG_6875.jpg

全(まった)きに同じ頭をしている

顔は忍者ハットリくんにクリソツである








IMG_6861.jpg

酒に走る

爾後、熱燗を聞こし召したのである










IMG_6866.jpg

もうひとつの秋の味覚









IMG_6868.jpg

土瓶、茶瓶、ハゲ茶瓶









IMG_6869.jpg

云うことなし!!











IMG_6872.jpg

最後はあっさり玉で〆る









IMG_6851.jpg

満腹、満足!



軽(か)ろき酩酊にて、ごっとはん(^^♪

[ 2016/10/14 09:44 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(2)

外骨の「芸は道によって賢(かしこ)し」



風雲急を告げる

来週に迫ったイベント

中々にイメージが湧かず、

愈々、土俵際に追い込まれる

根がどこまでもスロースターター

尻に火が点いてやっとその気になる

然り乍ら、長年これでやって来た

Que Sera, Seraであろう

今更変えようもなし

自分を信じて頭から突っ込むのみである






招待券を手渡し出来なかった方

23、25日はほぼ終日、会場受付付近にいる(はず、、、

見かけられたならばお声がけ下され

チケットを差し上げます

但し、閉場時間には注意願いたし











確認用_いけばな50th_秋ポスター










私の日乗








神無月九日(日)




当月より平野の出稽古は上本町の会場に移った

5年ぶりの上本町復帰?

忘却の彼方ではあるが


然り乍ら、今回は3名もの欠席で、

ちとばかし寂しい稽古となったのだ









2013092811550000.jpg

今回は「ぬばたま」(檜扇の実)や、








gr-0174__sub_2_201610131035392b2.jpg

レモンリーフなぞ云う初めて使う材料にチャレンジしてもらった











IMG_6831.jpg


それらに秋桜と小菊を取り合わせてみたのである









IMG_6833.jpg

秋の風情

やはり籠は雰囲気が出る










IMG_6836.jpg



  「秋深き となりは何を する人ぞ」





然り乍ら、ハイハイタウンまでは徒歩5分

向後、毎々に関所を無事通過しての帰宅は困難と思われる(笑

まぁ、いつものことではあるが・・・



お疲れ様でした



[ 2016/10/13 10:46 ] お花ネタ | TB(0) | CM(2)

外骨の「天高く馬肥ゆる秋」



そうそう、

秋はこうでなくっちゃ!






まぁ、そんなことは兎も角として、










私の日乗







神無月八日(土)











IMG_6738_20161012143819479.jpg

シャッターを開けたばかりのナカジマに、

頭から転がり込んだ










IMG_6743_20161012143904014.jpg

本搾りを舐めながら、

オネオネしておらば、




IMG_6745_20161012143945463.jpg

小ちゃいおっちゃん現る

ずいぶんと久しぶり

数年来、顔を見ていなかった










IMG_6746.jpg

そこへさしてウルトラくん現る

宣言通りの登場であった









IMG_6748.jpg

ミックスナッツ¥100を口に放り込んで、









IMG_6750_20161012144218d5c.jpg

トリニダード・トバゴへ移動した










IMG_6758.jpg

麦焼酎で乾杯










IMG_6752_2016101214432776f.jpg










IMG_6761.jpg

女将手製のハムエッグ

二人して突っつく

美味し








IMG_6754.jpg








IMG_6760.jpg

正午の看板前に流れたと思う








IMG_6757_2016101214474175a.jpg


教えてほしいの~ 涙のわけを~~~



懐っつかしいな~





ごっとはん(^^♪











IMG_6763.jpg

大よしの信号を北へと渡る









IMG_6766.jpg

むろん、「二杯で一杯」










IMG_6769.jpg

鮎ちゃんボトルで乾杯

どて焼きを誂(あつら)えた

美味し










IMG_6775.jpg

馬場さんにメンチカツと焼きそばを願い出たのだ








IMG_6772.jpg


IMG_6782.jpg

美味し!










IMG_6779.jpg

隣りにいたスーパー常連のグラサンばあちゃん

ウルトラくんと大いに意気投合す

まるで駆け落ちでもしそうな親密ぶりであったのだ











IMG_6784.jpg

するうち、愚昧ちゃん現る

近くで一杯呑っているところを引っ張り出した

申し訳なし









IMG_6788.jpg

かしわも堪能す

美味し!








鮎ちゃんボトルが心許なかったので、





IMG_6786_201610121458323fa.jpg

一本焼酎を下した

鮎に対抗して鮒

意味が判らず

あまつさえ、愚昧に宇治

ずいぶん奇妙な軍団ではある

おまけに「愚」の字が出て来なかった(><、









IMG_6791_201610121501591e7.jpg

愉しき昼酒

また参りましょう!





ごっとはん(^^♪











IMG_6795.jpg

振り向けば「みふね」はん









IMG_6803.jpg

チューハイで乾杯

美味し!




お菜は何もとらなかったように思う









IMG_6807.jpg

姉ばあちゃんも息災で何より










IMG_6808.jpg

大よし前?で散会したと思われるが、

新今宮から大和路快速に乗って、

次駅の天王寺で乗り換える筈が、

あろうことか座席に腰掛けた瞬間、

意識を失い、

気付かば・・・













IMG_6812.jpg

慌てて反対ホームから快速で天王寺を目指す








IMG_6815.jpg

何をか謂わんやである










IMG_6816.jpg

「桐一葉 落ちて天下の 秋を知る」







ごっとはん(^^♪
[ 2016/10/12 15:16 ] 放浪ネタ | TB(0) | CM(6)

外骨の「女の足駄(あしだ)にて造れる笛には秋の鹿寄る」



ふむ、辛うじて復旧

ドタバタの合間をぬって、、、、







もういつのことやらも想い出せない私の日乗










IMG_6580_201610121330063a3.jpg

下町食堂

天王寺駅北口徒歩1分









IMG_6584.jpg

出汁巻きで、









IMG_6589.jpg

小ご飯(エライ!











IMG_6582_20161012133156e44.jpg

と、アサヒ大瓶(アカン!












IMG_6587.jpg

イカ天とちくわ天(エエぞ!












IMG_6596.jpg

で、熱燗 (><、











IMG_6592_20161012133335d6f.jpg

お腹いっぱい!











IMG_6598.jpg

ご馳走様でした(^^♪










信号を渡り闇市を抜け、










IMG_6602.jpg

現れ出でたる花野はん










IMG_6610_20161012133515448.jpg

とば口に立つ











IMG_6603_20161012133542d4d.jpg

田苑水割り

美味し











IMG_6608_20161012133612f92.jpg

酢いか

涙が出るほど懐かしい

偏った酸気が郷愁を誘う

¥110

美味し










IMG_6613.jpg

タルハイ(小)

甘し










IMG_6616.jpg

軽(か)ろき酩酊!












IMG_6599.jpg

ごっとはん(^^♪
[ 2016/10/12 13:39 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(0)

外骨の「すべて十月に集中す」




超・忙しいっ!





以上!










パソコンBから更新を試みるも、

全(まった)きに画像アップ出来ず



以上!







朝夕、めっきりと冷気が身を覆う時候となってまいりました

どうぞ諸兄には風邪なぞめされぬよう、

ご自愛のほどを


m(_ _)m
[ 2016/10/11 21:02 ] ぼやきネタ | TB(0) | CM(4)

外骨の「斗酒なお辞(じ)せず」





16-10-haihai 018

毎日上六に来ているような気がする

(ハイハイタウンで暮らしたらええのに・・












16-10-haihai 001

値上げしたなぞ文句を云いながら、

またと暖簾をくぐってしまった

どもならんおやぢではあろう













16-10-haihai 002

あまりの喉の渇きに、

一口グビッと流し込んだおやぢ

美味し










16-10-haihai 008

きょろきょろと品書きを眺め廻すおやぢの眼

とある一点に釘付けとなる












16-10-haihai 010

イカと明太子のクリームパスタ










16-10-haihai 014

ハイボールを誂(あつら)えた

美味し










16-10-haihai 011

このイカリングが佳きお菜となったのだ










16-10-haihai 013

むろん、パスタも美味~~し!








16-10-haihai 017

ハイボールは都合2杯


軽(か)ろき酩酊!








16-10-haihai 005

お代¥1300ほどで、ごっとはん(^^♪

[ 2016/10/07 15:13 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(2)

外骨の「イマイチ人気のないハリルホジッチ監督」



蛍がポッと明かりを灯さなかったら、

昨夜は格下相手に地獄のホームドローとなっていたであろう

どうにもパッとしない選手たち

中心選手はとうにピークが過ぎたように思えてならないのだ




以上!









まぁ、そんなことは兎も角として、






私の飛び込み酒









IMG_6494.jpg



布施

平生であるならば、

いつものブランドーリを往くのであるが、

根が生まれついての天邪鬼の私であるから、

その日は真逆の、即ち南側の本町通り商店街を流したのであった











IMG_6481.jpg

行く手右側に大きな酒屋さん

立ち呑みを併設されていることは以前より存じていた



直(す)ぐと右手が入り口







IMG_6482.jpg

初めて手を掛ける小さな暖簾の下がった間口の狭い引き戸

開けた瞬間、

どのような光景が眼に飛び込んで来るか、

中々にドキドキすることがある












IMG_6490.jpg

あちょ~~っ!!





単に、おっさんとおばはんが立って呑んでいた

ただ、それだけであった










IMG_6485.jpg

生ビールを誂(あつら)えた

美味し




どうであろう

7人も立てば満員の、

とても小じんまりとした店内

かなり圧迫感を受ける









IMG_6489.jpg

眼前に煮える関東煮から、







IMG_6486.jpg

豆腐と糸こんを願い出た

私的、関東煮のツートップ

豆腐はありそうで中々にない

美味し










IMG_6491.jpg

冷や酒をもらった

美味し


然り乍ら、一升瓶から注いでくれたその酒は、

全(まった)きに見たことも聞いたことも無いような銘柄

まぁ、美味ければそれでよし








IMG_6493.jpg

お代は九百数十円



お菜もそこそこあったように思う

偶(たま)と訪(おとの)うこともあろう




軽(か)ろき酩酊




ごっとはん(^^♪

[ 2016/10/07 12:29 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(2)

外骨の「盛り土~もりど?何故もりつちではないのだ?」



業界用語なのか?




以上!








まぁ、そんなことは兎も角として、

4ビルより上本町に流る




16-09-23-26 273

昔から上本町という街が好きなのだ






16-09-23-26 274

ちとばかし、YUFURAに用があった

なに、別段たいしたことではありはしない













16-09-23-26 298

用向きを済ませれば、

結句ハイハイタウンに潜り込む









16-09-23-26 296

IKZ

日曜は定休日










16-09-23-26 288

何やら新しい店が出現していた

次回、訪(おとの)うこととす












16-09-23-26 292

該店を覗く

はて、年中無休か?










16-09-23-26 282

大テーブル中央に「山口蛍ダイレクトボレー」の陣を豪快に展開す










16-09-23-26 277

アサヒ大瓶

美味し










16-09-23-26 279

冷蔵庫より〆鯖をピックアップ

ちょいきつめの〆加減

ゆるめが好みである










16-09-23-26 283

酒を冷やでもらって予定終了









16-09-23-26 286

お代¥1000ほどでエスカレーター前に頭から転がり出た



仲間由紀恵ちゃん・・・

ごっとはん(^^♪

[ 2016/10/06 21:25 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(2)

外骨の「アルファでありオメガである」




出稽古からの帰途、

少しく渇いた喉を潤す






16-09-23-26 259

4ビルにやって来た

思わば存外に久しぶりの該店

見かけたことのない店員ばかりになっていた










16-09-23-26 262

ドスン!と大瓶

美味し!










16-09-23-26 264

バスン!と関東煮豆腐

美味し









以上!










16-09-23-26 266

¥500ほどで、ごっとはん(^^♪
[ 2016/10/06 09:22 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(2)
毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR