咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

にっしゃんの大暑 2014

小暑から数えて15日目

一番暑い時期なんだね

だけど、あまりに暑すぎる~、、、;;







「ビールでも呑むとするかぁ」

あまりの蒸し暑さに、いらついた声でほき出してしまったわたしは、

アベ地下に下りたものの、

ふと、長い間ご無沙汰しているお店の存在が脳裏を掠めた

アベ地下の一番北端に位置する階段を上り、

谷町筋に顔を覗かせたのであるが、

いったいに、時間的には早いといえども夕方である

にもかかわらず、遠慮会釈なしに猛烈に照りつける西日をまともに顔面に喰らうや、

元来た階段をふたたび駆け下りそうになるのである

それほどきつい陽光が未だしっかり残っている盛夏の夕方

「こりゃたまらんわぃ!」

わたしはもうひとつほき出して、店に向かってダッシュを試みた








14-07-22-02 041

暖簾の隙間から腰をかがめて中を窺うと、

6割くらいの入りであらうか






14-07-22-02 004


カウンター真ん中よりやや入り口側に席を占めることが出来たのである







14-07-22-02 035


14-07-22-02 034

相変わらず、ネタケースの中と云わず外と云わず、

所かまわず並べられたつまみの数々

品書き見ずにネタケースの品を指差す常連も多いのであるが、

さもありなん

なるほど刺身類以外でも、

調理前の素材であってもそれと分かる盛り付けが施されているところなぞ、

やはり行列覚悟の名店となり得た証であるのかも知れない

材料を指差して、

これ焼いて、炊いて、揚げて、とだけ伝えれば良い











14-07-22-02 007

端の訪問の目的はこれであった

とにかく喉が渇いてビールが実に呑みたかったのである

「アサヒ大ビ~ン!」

座るや否や、

首を〆られた鶴のような声で、

おねえさんにオーダーを告げた

さすがにキンキンに冷やされた瓶ビール

立て続けにグラス2杯を空にする


焼け爛れた喉に炭酸入りの消火剤が一気に流し込まれる

初手から猛烈な火柱を吹き上げていた喉奥も、

一瞬にしてその炎の矛先を収め、

僅か短時間のうちに平生の落ち着きを取り戻す


ぶっは~~~~、、、

う~~~んまっ~~~! m(_ _)m





一応品書きなんぞに、手を伸ばしたわたしは、

ついでにもうひとつのポップをも掴み出す











14-07-22-02 028

わたしは軽いめまいに襲われた

よりによって、私が愛して止まない一番搾りが廉価で供されていたのであった

さりながら、この手のキャンペーンなぞを打ち出すのであれば、

店内隈なくポスター等で告知を図るべきではないのかと、

軽い舌打ちをほきながら、四方の壁に目を向けるのであった

なるほど、サイズ的にはそう目立たないものの、

幾処かにそれらしいポップが貼り付けられていた

どうにも合点がゆかない気持ちを、

スーパードライを呑み下して落ち着けたものであった(キリンの仇をアサヒで討つ


しかしながら、よくよく考えてみれば、

店の品書きは内税での値段表記である

いったいに、この一番搾りは外税

¥430に税が乗っかると、464円40銭となる

してみれば、今呑んであるドライが¥460であるからして、

存外に一番搾りは多く取られる計算になりはしないか?

なんだかスッキリしない気持ちを抱きながら、

未だ、つまみひとつ頼んでいないことに気づいた




14-07-22-02 009

本日のおすすめを眺め渡す

お店ご自慢の海鮮はじめ、

自家製惣菜、お肉、ホルモン系なぞ、

幅広いつまみを安価で愉しませてくれる

むろん、味はお墨付きであろう事は、

あえて、わたしが口角泡を飛ばしてほきまくる必要もあるまい












14-07-22-02 010

きずし


おねえさんから土生姜か山葵かの問いかけ

わたしは山葵醤油を願い出た

ここの酢の〆加減が口に合う


口に運ぶ前から、独特の旨味、酸味が脳裏をめぐり、

きずしを前にして、完全にパブロフの犬と化したわたしであった






14-07-22-02 013

「あ”~~~、、うんまぁ~ぃ!!」

多目の山葵を乗せて口に放り込む、

まさに魂の叫びがわたしの口をついてほき出た

まわりの2~3人が何事か?とこちらを凝視しておったようだが、

そんなことには構うことなく、

続けざまにグラスを口に運ぶ


よく冷えたビール、程よく〆られた新鮮な鯖

実にお互いを引き立てあう刎頚の交わりに

わたしをして、大いに相好を崩せしむるものであった






14-07-22-02 031

量もしっかりで税込み¥400はさすがであろう





なにも、味や値段だけがこの店のウリではあるまい



14-07-22-02 038

やはりここにも看板娘は存在するのである

やや熟系ではあるものの、

魚で云えば釣れたての鯛や平目の舞い踊り

そう、MRT1号なのである、、、


「く~~~っくっくっくっく、、、」


「はい?お客さんご注文?」


「あ、、、か、か、勘定しとくなはれ!」






14-07-22-02 040

お代¥860で、アベ地下のお店に焼酎を呑みに谷町筋に頭から転がり出たのであった








14-07-22-02 046

隙間からハルカス

すきハル・・・







ごっとはん♪





[ 2014/07/23 14:00 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(2)
出たぁ~!
MRT1号!

ビルの街に ガオッ~!
夜のハイウエィーに あちょ~! m(_ _)m

新シリーズ登場か??
[ 2014/07/23 16:43 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
名張はん

まぁ、そうそう新シリーズは出来ませんね
ただ、、、、ただ、、、MRT1号がね、、

く~~~~っくっくっくっく、、、

途中で帰っちゃって、代わりにイケズ1号のご出勤

(><、。。。。。あちょ~~っ!!
[ 2014/07/23 21:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR