咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

にっしゃんのアサヒが沈む


ようやく頭を下げた某新聞社社長

他人事みたいではあったが・・

いったいに、この新聞はどこの国の新聞かと思っておった

ず~~っと、そう感じておったのである

別段スッキリとした訳ではないが、

向後、この社のデタラメぶりを徹底的に検証してもらいたいものである

我々日本人は残虐で破廉恥で大嘘つき、、、に、されてしまったのであるから

ね、アサヒさん?







9月10日(水)


いったいに、はらわたが煮えくり返った状況で、

何とか冷静さを取り戻すために私は少々酒なぞ嗜むことにした

ABSは定休日、

アベ地下は木曜日に行くものであるからして、

私は上六に足を向けたものであった











14-09-10-02 021

久々に長~~いカウンターの店の暖簾をくぐろうかと、

端から考えておったのではるが、

時間的に少々早かったのもあって、

全面開店に至っておらず、

半分のみの営業であって、

しかも既に客の鈴なり状態であったがために、

已む無く私は踵を返し、

一瞬、イケズ母ちゃんの店に足を向けかけたものの、

思い返して親孝行の暖簾をくぐったものであった










14-09-10-02 001

どうやら、立って呑むより座って呑むことを身体は欲しておったようである

さりながら、立って呑むことに別段に抵抗感なぞありはしない

むしろ、あっさりとすっぱりと、

小銭程度で多くの時間も浪費せず、

家庭経済にも身体にも負担の少ない、

立ち呑みこそが有史以来の理想の酒場像であると強く確信しているのである

もっと云えば、ハンディキャップのある方のみに利用いただくとして、

この世のすべての酒場から椅子なぞ取っ払ぇ~~なぞと、

大きな声でほき上げながら、

私は威風堂々、胸を反らせて暖簾に顔面から突っ込んだものであった







ほぼ無人に近い店内であったから、

私は入って右奥の誰もいないカウンター中央に席を占めた

そこへ吉本に端役で出ていそうな店長が、

おしぼりを持ってつかつかとやって来た

私は「生ビもらえる?」なぞ、すっかり常連気取りで願い出る







14-09-10-02 004

なかなかに、旨味を感じさせるサッポロビール

そう云えば、自身がまだ学生だった頃に呑んでいた、

アサヒやサントリーのビールはキリンやサッポロに較べると、

格段に味が落ちるシロモノであったことが思い浮かぶ

しかしながら、貧乏学生が自腹で一杯呑れる居酒屋となれば、

百番あたりしかなかったものであるからして、

いつしか、そこのサントリービールの味に慣らされてしまったものであった



私はジョッキを掴み上げ二口ほど胃の腑へ流し込んだ

その冷たさと炭酸の刺激に、

我が胃はキュキュ~んっと嬉しい悲鳴をおめき出したものである






14-09-10-02 007

なかなかに有難いサービス企画

ここまでの価格はそうないのではないか?

税別と言うのは安奈ではないが、辛く悲しいものではあるのだが、

きっちり納税、ニコニコ納税、

私も社会の一翼を担う一人として、

ここは毅然とその義務を背負い、またそれを果たす覚悟で、

もう一口、猛然とジョッキの生を流し込んだのである








14-09-10-02 009

つまみについてはお手軽メニューの、

串の2~3本でも良かったのであるが、

初手に感じたあの味わいが忘れられなかったものであるからして、

今回は品書きも見ずに、

店長に「お出汁タップリ豚ニラ玉~」なぞ、

正式名称を用いてオーダーをほき出した


「はいよ~、、ニラ玉一丁~~!」

店長は略してオーダーを厨房に通した・・・









14-09-10-02 011

まるで柳川鍋と見まごうばかりの出来栄え

今回も相当タップリと出汁を仕込んだのであらう

玉子がとろとろの状態を保っていた






14-09-10-02 013

好みの問題であろうが、

出汁に好相性の七味をドンとぶちかます

むろん、ニラとのコンビネーションも問題はない

飽和状態にまで出汁を含んだトロトロ玉子、

歯ごたえシャキシャキの緑鮮やかなニラ、

そして旨味を充分に湛えた国産豚バラ



14-09-10-02 014

私は喉を鳴らしながら、

それらを箸で掴み上げ、

おもむろに口中へ放り込む

それらが醸し出す風味、食感、味わいに、


「これや、これ~!これサイコー!!

 く~~~っくっくっくっくっく、、、、」っと、

思わず大きくほき上げた




「はい、ご注文?で?」



「あ、さ、さ、酒おくんなはれ~」



「はい~、お銚子一本~!」



まだビールが残っていると言うのに、

私はいつも通り誘導尋問に引っかかってしまうのであった





14-09-10-02 017



当面、私はこの店においては、

おそらく永続的にこれをつまみとすることになろうし、

焼酎のボルトもけっこうな廉価であるからして、

ちょいと一本貯め込んでしまえば、

真の馴染客にならないとも限らない




14-09-10-02 018


そんな考えをふと頭に浮かべながら、

私はそっと静かに箸を置き、

¥885で向かいの蕎麦屋の暖簾下に頭から転がり出たのであった






ごっとはん♪



[ 2014/09/12 10:13 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(4)
ええなぁ〜昼酒は至福ですな( ^ ^ )/■
ニラ玉&ビールは優しき呑みを楽しめますね

さてこの後は木曜日定例のAKNご出勤ですね
スキップして谷町線乗ったらあきまへんで〜(^_^)
[ 2014/09/12 15:06 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
のりはん

ここのニラ玉はおすすめです
見た目も味もタダモノではない

この日は夕酒だよ
そして水曜日だったから、
AKNは行ってないよ~ん
珍しく1軒だけで帰ったのだ~~
[ 2014/09/12 15:16 ] [ 編集 ]
遅きに失したって感じですね
慰安婦→吉田調書
さっさと誤ってればまだしも
虎寄りの記事ながらどぉにも!

ニラ玉完成度↑
HIHIの孝行息子ですやん( ・∀・) イイネ!
[ 2014/09/12 23:58 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
名張はん

全く以って仰る通りで、、
これ以上国内外に毒を撒き散らすなよと・・

ニラ玉
一度お召し上がりください
おすすめです

帰りは上本町始発でラ~クラク♪
[ 2014/09/13 07:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR