咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

にっしゃんのまかり通るぞ真っ直ぐに


木曽の御嶽山

早く収容してあげたいものです。。。












さて、出稽古帰りにお昼ご飯

天王寺に戻って、








14-09-26-28-999 214

AKN












14-09-26-28-999 230

空いておりました

いつも空いてます、、;










14-09-26-28-999 216

生ビールが美味かった~~

平日の12時?~16時までなら¥250なんですよね(税別ですが

それ以外は¥330







14-09-26-28-999 219

目玉焼きも実はあるんです

両目焼き

だけど¥350はなぁ・・・

美味~~~っ!でしたけど。。(^^;






14-09-26-28-999 224

黒甕~~~~ぇロ~ック!

イェ~!








14-09-26-28-999 223

片目おやぢ

美味っ!

けっこう堅焼きでしたね(^^;










14-09-26-28-999 236

ゲソ天を揚げてもらいました







そして、ラスト黒甕


14-09-26-28-999 233








14-09-26-28-999 238



お代は。。。¥1500ちょっと?



う~む、、、これだけでは帰れまい、、、、


ん?帰れない?・・・





正成、涙を打ち払い

我が子、正行呼び寄せて

父は兵庫へ赴かん

彼方の浦にて討死にせん

いましはここまで来つれども

とくとく帰れ故郷へ



父上いかにのたもうも

見捨てまつりてわれ一人

いかで帰らん帰られん

この正行は年こそは

未だ若けれ諸共に

御供仕えん死出の旅




父(正成)に帰るの嫌だと、

お供をして一緒に湊川に行くんだと、

泣いて駄々をこねた正行


正成の死から12年後、

彼は南朝側の若き忠臣として、

足利軍を相手に弟、正時とともに四條畷の合戦において戦死する


この合戦に赴く前、

南朝本拠の吉野は如意輪寺に詣で、

そのお堂の門に辞世の句を書き付けている



かへらじと かねておもへば 梓弓


         なき数に入る 名をぞとどむる



小楠公・楠正行

享年二十三歳




合戦跡近くに創建された四條畷神社

ご祭神は楠正行公である









ごっとはん♪


[ 2014/10/01 14:02 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(2)
出稽古の後は、こちらでしたか
2ビルは日曜定休とか?

目玉焼きWで!
ちょっとGNZ屋を知ってしまうと・・ですかね(^_^;)

ラストは、ナカジマ社長曰く
にっしゃん歴史詳しいですな~
言うて褒めてはりましたよ!
[ 2014/10/01 21:18 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
名張はん

日曜日の昼過ぎは、駅前ビルの本来の酒パワーが鳴りを潜める時ですね
だもんで、やっぱり天王寺、アベノかな。。
うふふふ(やかましぃ!

両目玉おやぢ、、、
ちと割高か?
ベーコンないねんもんね

ナカジマ社長、、、、

伝えたいことはまた今度!(^^;


ごっとはん♪
[ 2014/10/01 21:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR