咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

にっしゃんの辛抱する木に金が成る

いったいに、何故券売機のコイン投入口がタテではなくヨコ向きなのであろうか?



14-10-07-01 010

私はずいぶんと久しぶりに松屋をおとのうたものであったが、

まずは食券を購めねばならないので、

殆ど中身の入っていない小銭入れから、なけなしのコインを取り出したのである

あいにく荷物で左手が塞がっていたものであるからして、

右手で投入しようと、

掌に握り締めていた4枚の百円玉のうち、

親指と人差し指でコインをまず一枚ヨコ向けに穴を目がけて捻じ込もうとするのだが、

そうすると、掌が下を向くものであるから、

掌に握っていた3枚のコインを危うく取り落としそうになり、

途中でその動作をやめては、

再度またチャレンジを繰り返す

ようやくに、何とか一枚投入に成功して、一旦額の汗を拭った後、

二枚目のコインの投入に取り掛かったのである

しかしながら、さいぜんと同じように今度は残り二枚のコインを掌から落としかける

なかなかに、これは骨の折れる作業であって、

気ばかり焦って、全く以って最後のコイン投入まで辿り着くことができず、

あまつさえ、後方に並ぶ人から舌打ちのようなものをほき出されてしまい、

完全に冷静さを欠いた私の指は縮こまり、指先が振るえ、額に脂汗を浮かべる有様であった

それでもどうにか四枚のコインを完全に投入し終えると、

「ふ~~っ、、、」と、安堵の溜め息を漏らすのだが、

今度はお目当ての肉カレーそばのボタンが見つからないのである

あわてて、老眼鏡を取り出し、

タテ10マス

ヨコ6マス

都合、60ものメニューをくまなく眺め回す

この間も後方の客人たちは足を踏み鳴らし、

咳払いを繰返し、「あぁ~~ぁぁぁ、、」なぞと、大あくびをほき出す奴まで現れたのである

私はこれには心底驚いてしまい、

と同時に私の背中を大量の汗が流れ落ち始めたのであった

目的のそれは何と下から2段目に配置されており、

それならば上からではなく、

下から探せば良かったなぞと、

出て来た食券と釣り銭の五十円玉を掴み上げ、

「これは初手からエライ目にあっちゃったよ」なぞとほき上げて、

ようやくに松屋の暖簾をくぐったものであった

このときの私の精神的なダメージは、

過去に蒙ったことの無いような実に深刻なものであった










14-10-07-01 009

おばちゃんに食券を手渡しながら、

「蕎麦で!」なぞと念を押す


「肉カレーうどん・そば」の印字であるからして、

うどんorそばの指定は無論客人が責任を以ってほき出す必要がある


私はついでに握り締めておった釣り銭の五十円玉をも手渡し、

「玉子のトッピング、あっ、それと天かすもお願い!」なぞ、

先ほどのプレッシャーから開放されたせいもあろう、

やけに明るい声で願い出たものであった




やけに蒸し暑かった九月

そのおかげで、なかなかにありつけなかった肉カレー

ずいぶんに配膳が待ち遠しかったものである

厨房を眺むれば、雪平鍋でカレーのルーに出汁を加え、

肉、玉ねぎを放り込んでグツグツ煮込んでいた

おばちゃんが店長に合図を送ると、

店長は熱湯がぐらぐら湯だる寸胴のてぼに素早く蕎麦を落とし込み、

充分湯掻いた後に、湯切りをした蕎麦を丼に放り込んだ

そこへ生卵を割り入れ、横手に丼を廻す

それを受けたおばちゃんは鍋のカレーを器にぶちかまし、

最後に天かすをレンゲですくい入れて、

私の眼前に「おまちどおさま~!」の声とともに丼を叩き置いたのであった








14-10-07-01 002

実に食欲をそそるカレーの色と香り

純粋無垢、たった今揚ってまいりましたと主張する天かす

まるで広大な宇宙を睥睨するかのような新鮮な目玉おやぢ

それにどうであろう、

これでもかと煮込まれた大量の牛肉と玉ねぎ



これには私は辛さに弱いにもかかわらず、

大量の七味を遠慮会釈なくぶちかまし、

「大汗かいてやらぁ~~!!」なぞと大きくほき上げて、

やおら蕎麦を箸で掴み上げ、

まずは一口勢いよく啜り上げたものである





14-10-07-01 005


美ん味ぁ~~~ぃ








14-10-07-01 006

辛~~~ぃ




中盤を過ぎたあたりで、

目玉おやぢを割りほぐし、

蕎麦にたっぷりに絡ませて味わい、

更にはカレー出汁と渾然一体となった汁を味わう

実に至福のひとときであった



今回もまた、

松屋で実に嬉しいお昼ご飯

大満足、大満腹の¥350+¥50であった



ただし、早くコインの投入口をヨコからタテに変えていただきたい

私からのたったひとつの願い事。。。









大汗かいて、ご馳走様でした♪



[ 2014/10/08 13:56 ] ランチネタ | TB(0) | CM(4)
私にも食券購入時に目的のボタンが見つからず後ろのプレッシャーにまけ、違う物購入した事がありましたな。よくぞ初志貫徹、やりますね。
先程、京橋にてタムケン店長代理の顔見に行こうかと、しかし今日はあ金土の七津屋に突入、鉄板
ツラをアテに一杯やりました。
[ 2014/10/08 16:00 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ウルトラはん

やはり、後方からのプレッシャーから逃れたいあまり、
適当にボタンを押してその場凌ぎの愚を犯すこともありますね
よくわかります

おぉ、七津屋
と言うことは、京橋は最寄り駅、それとも乗り換えのターミナルですかな?
ならば、素晴らしい呑み環境に身を置いていらっしゃる(^^;
ツラ身にモルツ
いいではないですか(^^
[ 2014/10/09 08:48 ] [ 編集 ]
おっ!
久しぶりの月見カレーそば!
券売機、種類が多いと、見つからない 
そのまんま~ひねりなしの一苦!
[ 2014/10/09 10:54 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
名張はん

コイン投入口ヨコ型!
今どきどこにそんなものがあるか
責任者出て来~い!

だけど券売機が2台あって、まだ救われました

肉目玉おやぢカレー蕎麦

うんまっ~~m(_ _)m
[ 2014/10/09 11:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR