咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

にっしゃんの損せぬ人に儲けなし

「寒っぶ~~、、」なぞとほき出して、私は再び布団に潜り込んだのではあるが、

数分後には観念して毛布の隙間から這い出たものである

いったいに、今年の冬は暖冬であるなぞ長期予報が披露されてたように思うのであるが、

なかなかに、冬の走りといったこの季節

寒さに身体が慣れていない分、

どうにも辛くて仕方がないのである





さて、10月23日(木)




木曜日はAKNの日なぞと、訳の分からぬことを

毎週繰返しほき出しながら暖簾をくぐっているのである





14-10-23-02 002






14-10-23-02 004

ここ最近はたまに生ビールから購めることもあるのだが、

この日は初手から黒甕ロックを願い出たものであった



ジュニアが5時で勤務が引けると、

厨房センター位置にシニアが陣取る

私が席を占めたのはカウンター中央から少し手前であったものだから、

即ち、シニアとはほぼ正面切って対峙することになったのである


「こりゃ中々にエエ塩梅じゃわぃ、

 く~~~っくっくっくっく、、、」


「え?注文?」


「あ!か、か、関東煮のと、豆腐とに、煮抜きおくんなはれ、、、」









14-10-23-02 006

豆腐はやや浅めではあったものの、

煮抜きの首尾は上々

自慢の出汁が冴え渡る







14-10-23-02 018-999


ロックのお代わりを申し出たのであるが、


14-10-23-02 010

さすがにシニア

氷少なめ焼酎多め

基本姿勢は揺るがない

120ccくらい入ってるような気がしてならないのである

ま、会社側から先日、是正の通達があったばかりだと記憶している

さしづめ、一升瓶一本で何杯取れなんて、

妙にけち臭い、細かい指示がでたのであらふ




しかしながら、手前カウンターで会話を交わしていたオヤヂ二人

たまさか、この酒場で意気投合したのであろうが、

何とも驚いたことに眼鏡に鳥打帽が私のひとつ上で、

小太りが私と同年生まれであると云う

私は思わず焼酎を噴出しそうになったのであるが、

誠に失礼ながら、どう見てもはるかに60の齢は過ぎているとしか、

わたしの目には映らなかったのである

ということは、他人から見た私自身も、

所詮そのあたりの年齢として捉えられているならば、

誠に以ってショックであり、

中々に、衝撃的なことであろう




私はその惨劇の余韻を断ち切るように、

シニアにタコ天を申し付けたのであった





14-10-23-02 014

充分に煮込まれたそれは満々と出汁を吸い込み、

実に柔らかい食感と、

大量に練りこまれたタコの粗微塵の押し返すような歯応えが、

妙に心地よいハーモニーを紡ぎ出す

うっとりと目を閉じ、

口中の幸せを味わっていると、シニアが、

「どうしたん?疲れてるの?」なぞと、ほき出した


「く、く、黒甕おかわり、、、」





14-10-23-02 016

これにて打ち止めにはしたのであるが、


やはり木曜日は気持ちの上でお得感が違うなぁなぞと、

独りごちて腰を上げたものであった



14-10-23-02 024

あちょ~~っ!





黒甕が都合3杯

関東煮が三品の¥1300足らずのお会計であったろうか





14-10-23-02 031

私は花屋の軒先に勢い良く頭から転がり出たのである





ごっとはん♪

[ 2014/10/29 14:24 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(2)
おっ!
お馴染木曜AKN劇場!
しばしのシニアとの逢瀬こういち!m(_ _)m

焼酎多め、黒甕ロック×3 
まいど!お強いですなぁ~!
[ 2014/10/30 16:52 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/10/31 08:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR