咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

にっしゃんの下手な大工で呑み一丁



その男は生来の小心者であり、

持って生まれた手先の不器用さと、

天然の天邪鬼ぶりを大いに発揮してこの世に憚っている

そんな男がある日ミナミに姿を現したのであった

むろん、たまさかの用向きでこの地を訪れたものであり、

重要な案件且つこの地ならではの思慮があっての行動とは思えない



男は一軒の酒場を訪れたのである














14-10-18-19-999 002

諸説読み方のある相合橋の居酒屋に流れ着いたのである

その男は幼少の頃より「あいあいばし」と呼び習わしていた







14-10-18-19-999 008

早い時間ではあったのだが、

大勢の酒呑みで店は活況を呈しており、

男は入って直ぐのカウンターに席を占めたものであった






14-10-18-19-999 005

端から長居する気はない様子であったが、

初手に購めた瓶ビールをグラスに注ぎながら、

カウンター前でクツクツと煮えている関東煮をしげしげと眺め渡すのであった








14-10-18-19-999 010

男は最近、凝りに凝っているシューマイと、

珍しくゴボ天を願い出たのであった


男はそれらを頬張りながら、ふと思考を巡らせ始めた

ゴボ天・・・・?

何か琴線に触れた気がした



そう、それは大昔にテレビ漫画で見ていた、

「冒険 ガボテン島」が脳裏に甦ってきたのである











ゴボ天 ゴボ天 ゴボ天

ゴボ天 ゴボ天 ゴボ天

ゴボ天 ゴボ天 ゴボ天

ゴボ天 ゴボ天 ゴボ天

ザザザザザ!




「く~~~っくっくっくっく、、、

 懐かしいなぁ~、、、」なぞと、大きくほき出した



「にいちゃん、注文か?」



「あ、、、に、に、煮抜きとスジおくんなはれ、、、」






14-10-18-19-999 014

8歳の頃の漫画であったのだが、

特異なテーマ曲であったがゆえ、

男の脳裏に強烈な印象が残っていたのである




煮抜きは然ることながら、

柔らかく煮込まれた牛スジの美味さを通して、

男をして、店の実力なるや大いに端倪すべからざるものと感じ入ったのであった





14-10-18-19-999 018

男はグラスの残りを一気に干すと、

店員に勘定を申し付けた

しかしながら、¥790といふ舌代に、

それこそ舌を巻いたものである




14-10-18-19-999 020

男は「さて、ナッカジマはんに行こ!」なぞと、軽くほき出すと、

相合橋筋に頭から転がり出たのであった





ごっとはん♪

[ 2014/10/30 12:32 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(2)
ごぼ天→ガボ天島
うまい!

完璧に忘れてました~感涙もんです

フルバージョン貼っときますわ~(いらん?
http://www.youtube.com/watch?v=Gylt8ruHwjE
[ 2014/10/30 16:58 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/10/31 08:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR