咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

にっしゃんの君がオヤヂになる前に



少々体調がイマイチなせいもあるのだろうが、

昨日、今日と、起床にはずいぶん苦労をしたものであった

いったいに、片田舎の朝はこうまでも厳しかったのかなぞ、

かつては、事程左様に感じることがなかった故に、

馬齢を経ててきたこの我が身も、

愈々、今の時分時と同じゅうして、

歳末、年の瀬、いや年の暮れ、

まぁどちらでも良いのだが、

人生の終末期を迎えつつあるとの実感を強くしたのであった


しかしながら、まさに毒婦と呼ぶに相応しい老女が現れ出でた

縁を結んだ相手を次々と・・・

私は今の家庭環境に大いに感謝の念を捧げずにはいられないのである






さて、月曜日









kSUJZS_XriASE7v1416440948_1416440980.png

私は環状線の某駅に降り立ったのである








14-11-17-02 003

冷たい風に吹かれておったものだから、

どうにか美味い燗付けされた酒をきこしめてやろうなぞと企んで、

大通り沿いの彼の店に頭から転がり込んだものであった









14-11-17-02 018

この日はチビ女将が厨房内で辣腕を奮っており、

いつものデカ女将はテーブル席側で、

つまみの仕込みに余念がない様子であった








14-11-17-02 006

私はむろん燗酒を所望した

チビ女将は酒販組合連合会のグラスを、

コトンとカウンターに落とすと、

そこへ、燗付け済みの清酒で満たされた保温ポットから、

一合一勺のお酒をきっちりと注いでのけるのであった

すなわち、約198ccの分量がこの店の定量

私はそろそろと口を尖んがらせながら、

グラスの縁に唇をあてがい、

ややぬる目の酒をチュ~っチュ~っと啜り上げたのであった







14-11-17-02 020

なかなかに、酒屋の立ち呑みとは解せないほどバラエティに富んだツマミが用意されている



私の目の前ではクツクツと静かに関東煮が、

その出番を今か今かと待っておるようではあったのだが、

14-11-17-02 023

決して煮立たせないところが、

美味い関東煮を供せる秘訣なのであろう


しかしながら、私は厨房奥の大鍋の中で、

そよそよと身を躍らせている豆腐どもに目を向けると、


14-11-17-02 013

女将に向かって、

「湯豆腐おくんなはれや~」なぞと願い出たのであった





14-11-17-02 009

なんとも旨口の醤油出汁をぶちかまされた湯豆腐であるが、

少しばかりの一味あるいは七味で、猶のこと風味が増してくる

私はこれにてグラス一杯の酒を呷ってのけ、

更にもう一杯の酒を購めたものであった




14-11-17-02 025

同じ手順で一口吸い付くと、

もう一品のツマミも気になってくる

私は店内を一瞥した後、

ネタケース上の天ぷら類に目を留めた

幾種類かの揚げ置きではあるが、

正真正銘の天ぷらが鎮座ましましている

私はそのうちから、下足なぞを申し付けたのであるが、

返す刀でチビ女将は、

「このまま?塩?ソース?出汁かけ?」なぞ、

やけに早口で、矢継ぎ早やに問いかけてきたものだから、

私は逆にゆったりとした口調で、

「だ、だ、出汁かけて~」なぞと、

少々詰まりながら答えを返したものであった



14-11-17-02 028

これにても一味で以って薄化粧を施したのだが、

喰いちぎる際に、

スポ~ンと衣だけが剥がれ抜けてしまったのには苦笑


「ネタと衣をセパレートで味わう天ぷらかぁ~

 これも悪くないなぁ~

 く~~~っくっくっくっく、、、」なぞと、ほき上げてしまったのである



「お客さん、何か注文??」



「あ、あ、あ、お、お、お勘定しとくなはれ~、、、;;」






14-11-17-02 032

結句、¥700と少しであったか

お釣りを受け取り私は中央大通りに頭から転がり出たのであった





ごっとはん♪













帰りにナカジマ



14-11-17-02 040




cHzWdTJ1SEFMuiH1416441013_1416441079.png

エディも来店

前日の呑み歩きの件、

互いに少々反省





14-11-17-02 041

社長も夜のお身内筋との食事会

実に美味でもって、愉しく有意義な小宴となった由、

まことに結構かと存じ奉る






14-11-17-02 046

長居は避けて、路地裏に頭から転がり出ました



ごっとはん♪
[ 2014/11/20 09:59 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(6)
かねてより、此方の湯豆腐が気になって
夜も寝られませんww
鶴橋正宗屋と梯子湯豆腐をコッソリと目論んでます( ´艸`)
[ 2014/11/20 19:37 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ROMEちゃん

湯豆腐好きには堪らんニ店舗ですな
それぞれに違い味わいがあって、
実に奥深いのですよね
ここにもひとつ、AKNの関東煮豆腐のポン酢掛け
いわゆる、BIG3!(やかましぃ!、まるしんも美味いわぃ!

オホン!

湯豆腐なら、梯子もNo Problem!
[ 2014/11/20 21:27 ] [ 編集 ]
森ノ宮の岡室も中々味がありそうですな。アテの種類もありますね。
下足天やはりコロモが脱げましたね^ ^
[ 2014/11/20 22:21 ] [ 編集 ]
森之宮 オカムロ
前に叔母の孫Nちゃんと大阪城ホールから
地下鉄で住之江に向かうのに初めて降り立ちました
途中、逆回りの環状線にのってしまうスカタンかましましたが・・

オカムロでは、「関東煮の湯豆腐おくんなはれ」と言って欲しかった・・と思うワタス
[ 2014/11/20 23:12 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ウルトラはん

そうなんです
中々に、この店は妙味あり
国鉄、地下鉄、いずれも超至便
是非!

下足天、ス~~ポンっ!
[ 2014/11/21 09:38 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
名張はん

おぉ、城ホール→森ノ宮
かなり距離があったでしょう?
大阪城公園駅ならすぐだと思うのですが・・

「関東煮の湯豆腐おくんなはれ」

チビ女将とデカ女将は完全無視でしょうね・・(><、
[ 2014/11/21 09:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR