咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

にっしゃんの虚々実々

さて、木曜日は前日に続いて駅前1ビル







14-12-18-02 016

1Fに上がってウエダはん


わたしは入り口横の冷蔵庫から、

ロング缶を取り出して、

カウンター左端に席を占めたのである



14-12-18-02 003

連続でGNZ屋でも良かったのであるが、

結句、時間的にのんびり出来るこちらへの訪問と相成った


14-12-18-02 004

テーブル席に2名

カウンターに3名

このオオバコにして過疎化状態






14-12-18-02 007

私はネタケースのウィンナーを購めたのだが、

女将がレンチンしてくれたそれは、


14-12-18-02 006

熱で皮が剥がれそうになっておった

ずいぶんと量が多いのだが、

味的にはこれで¥260とは得心いかず



14-12-18-02 011

それでも静かな店内

短時間ではあったが、まったりと過ごすことが出来た





14-12-18-02 012

お代は¥500と¥10






14-12-18-02 001

わたしはほろ酔ってアベ地下へと向かったのである



ごっとはん♪









14-12-18-02 020

木曜日はAKNシニアの日




14-12-18-02 018

しかしながら、シニアのいる手前カウンターは客の鈴なり

恰(あたか)も、この日を狙っていたかのように押し寄せてくる

どうにも合点がゆかず




私は泣きながら奥カウンターの、即ちシニアと一番離れた席に就く

人の恋路を邪魔する奴は 馬に蹴られて死んじまぇ!





14-12-18-02 022


私はべそをかきながら、ボクちゃんにまろやか芋を願い出た







14-12-18-02 030

14-12-18-02 031

14-12-18-02 032

あちょ~~っ!(黙っとれ!




14-12-18-02 023

この日はつまみにずいぶんと悩んだのである

何かしらいつものお手軽関東煮には食指が動かなかったものだから、

迷いに迷っている間に、

早くもロック一杯を空にしてしまったのである


続けざまに来てるとその陥穽にはまってしまうのである




結句、わたしは基本に立ち返ることにした

お菜の基本

すなわち煮炊きものである

それをボクちゃんがレンチンしてくれる間に、

私は二杯目のまろやか芋ロックをきこしめる


14-12-18-02 033

呑み慣れてくると中々に離れ難い








14-12-18-02 028

アラ大根

鯛やはまちのアラと大根の炊き合わせ

おまけにいわしのつみれなぞも放り込まれている

AKNならではの一品ではあるまいか?





14-12-18-02 045-999


ようやくにシニアが厨房半ばまで出張ってきてくれ、

「毎度ぉ~、久しぶり~!」なぞ、声をかけてくれたのである


私は天にも昇ろうかという心持になって、

「やっぱ来た甲斐があったってもんだぜぇ~

 くくく、、く~~っくっくっくっ、、、」なぞとほき出してしまったのである

「はい?ご注文で?」


「あ、あ、お、お、おかわりおくんなはれ~;;」




ボクちゃんを介して手渡されたグラスに、

むろんシニアが久しぶりに、

回転振り子式ドリル・ア・ホール天井逆さ落しココバットで以って注ぎ入れてくれたのであった



14-12-18-02 040

類稀なるテクニックを駆使して、

水面の均衡を図るノーベル物理学賞的表面張力

わたしは大いに満足して、

酒に、そしてその技に酔いしれてゆくのであった


14-12-18-02 046

都合ロックは4杯



私はしたたかに酔いしれて向かいの串カツ屋の軒先に頭から転がり落ちたのであった



14-12-18-02 034



ごっとはん♪

[ 2014/12/20 09:30 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR