咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

にっしゃんのやりくりアパート



さて、日曜日

だんだん思い出してきた

この日は昼前に図書館に出向いたのであった

さすがにハマッている作家の既刊書籍は、

すべて読み尽くしたものであるから、

小説雑誌の連載物を求めて出かけたのである

無事3冊ほど借り出してきて、

自宅でそれらを眺めておったものだが、

またと失踪病がむくむくと頭を擡(もた)げ、

するうち、私は既に車中の人となっていた















15-01-09-12-999 057

ABS









15-01-09-12-999 064

私は帯谷前に近い位置に席を占め、

とくさんに熱燗の小盛りなぞ願い出た




15-01-09-12-999 060

猪口を時々口に運びながら、

この日のおすすめなぞ睨(ね)めつけるように、

品書きをチェックするのである



15-01-09-12-999 068


15-01-09-12-999 069

初手のつまみはすぐと決まった






15-01-09-12-999 061

本まぐろ切り落し

カンパチか中トロも魅力的であったが、

結句、一番安いのに落ち着いたのである

いや、落ち着かせたのであった

むろん、ここの鮮魚類に間違いは無く、

私はしばし、まぐろに舌鼓を打ち続けていたのである






15-01-09-12-999 071

更にもうひとつのお菜

やはりこれであろう

先日より¥20アップであったが、

それでも破格であろう


15-01-09-12-999 073

多くの具材が放り込まれており、

みごと酒の肴としての務めを果たしてくれるのである


15-01-09-12-999 076

少々多めに一味なぞ振り出し、

男としてのプライドを示したものである



これにて、熱燗をもう一本きこしめた


チェイサーをお願いした


15-01-09-12-999 078

レモン入り

これがとくさんの気廻し出来るところである





15-01-09-12-999 079

私は¥1200にも満たぬ会計を終えて、

アポロへの連絡通路に頭から転がり出たのであったが、

これが長い長い一日になる、その序章になろうことなぞ、

そのとき、私はつゆほども気づかぬにいたのである





ごっとはん♪

[ 2015/01/14 09:39 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR