咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

にっしゃんの他者を知るのは理解 自己を知るのは智恵



なんだか一雨来そうな雲行きである

念のため折りたたみなぞ、

鞄には忍ばせているのだが、

出来得れば使う機会の無いことを祈る

さりながら、どうやら明日の雨は避けられないであろう様子で、

ここ最近、積極的な降雨模様に若干の苛立ちを隠せないでいる

おまけに気温も低いままだと云うではないか

また私にダウンのような無粋なものを着させるつもりなのか

生まれつき、根がミーアキャットのように繊細な私であるから、

どうにもポテッとした形(なり)をするのが好きではない

さりとて、打ち続く寒波には、どうで薄着でなぞ太刀打ち出来ようもないのである




さて、昨夕は遅遅にランチの約束をふとこっていたものだから、

私は待ち合わせの天満に向かったのである



15-01-28-02 001

滅多と該地を訪(おとの)うことがない私であるが、

かつてはよく呑みに現れ出でたこともあった

京橋ならぬ、天満駅前の立ち呑みストリートではあるのだが、

ずいぶん後に、格安の居酒屋GNZ屋がオープンしてから、

けっこう足繁く通ったりもした

しかしながら、いつ何時覗いても満席の店内に、

いつしか足が遠のいたのであった

してみると、その姉妹店が駅前1ビルに出来たというのは、

わざわざ環状線を使って天満に来ずとも、

どこからでも至便な梅田に私は一筋の光明を見出したと云うのである



我々は天神橋筋商店街を行く人波に合流し、

そのまま北へ、すなわち天六方面へ歩を進めたのである



するうち、左手にオオバコの老舗居酒屋の賑やかな提灯が目に飛び込んできた







15-01-28-02 002

実は初めての訪問なのである

ひと頃、私は立ち呑みに特化していたものだから、

長っ尻りになり易い居酒屋は敢えて避けていたフシがあるのだった




さすがに平日の遅めの昼下がり

ずいぶん席に余裕もあり、

我々は奥のカウンターに席を占めることとした




初手は大ビンなぞ購めて、

グラスで乾杯


15-01-28-02 003

この大ビンが税別か込みかは知らねども、

たしか¥350くらいの表示ではなかったか




お菜については、

15-01-28-02 010

眼前のネタケースを覗き込んだり、


15-01-28-02 009

壁面の品書きを見上げたりして、

お互いにふとこるものをおにいさんに願い出たのである










15-01-28-02 004

関東煮を盛ってもらったのである


昔ながらの味濃い目の関東煮である

大根なぞ是でもかと云うくらい煮込まれてあり、

辛うじてその原形を保っているのであった

十全に煮含められたそれは、

口中で大いにその甘出汁を炸裂させたのち、

まるで溶けて行くかのように咽喉奥に転がり流れてゆくのである



かまぼこは色目が美しい

何かふと正月を回顧させるが如くの鮮やかさであった

さりながら、どうも上半分が鍋からはみ出していたようで、

その部分が乾燥しており、

ずいぶん堅く食べにくかったそうである


むろん、煮抜きの発注者は私である

鍋に投入されてからまだ時間を経(た)てていなかったと見えて、

実に色白で、かまぼこの紅とまことに対照的であった

スジについては未食なのでよくわからない





15-01-28-02 006

端(はな)に、申し出ていた天ぷらの盛り合わせがやってきた

私はいわしを天つゆで頂いたのだが、

かなり薄味のもので、少々物足りなかったものだから、

勧められるまま、以降は塩で揚げたてを堪能したものである

鯖の天ぷらなぞ珍しかったが、

中々にご飯が欲しくなるお菜であったのだ

他に2点の野菜天との盛り合わせであった



途中から、熱燗を聞こし召していた


15-01-28-02 005

名うての酒豪相手であるからして、

次から次に徳利が空いてゆき、

何本おかわりしたか記憶にない


酒を呑むと刺身が食べたい症候群の相棒は、

やおら立ち上がって、ネタケースを覗き込むや、

「くじらの刺身おくんなはれ~~!」なぞとほき上げていた











15-01-28-02 007

中々に見事な赤身である

やや厚めに引かれたそれは、

実に通好みの逸品であると云えよう

キレのある生姜醤油で頂くそれは、

きっと美味しかったに違いない(><、

また後日、感想を聞いておくことにする




15-01-28-02 008

私は熱燗独特の口内のねちゃねちゃ感が気になったものだから、

芋の湯割りを聞こし召す

銘柄は分からないが、

中々にキリッと辛口めいた口当たりであったのだ





さてもう一軒、〆に軽く流し込んで帰ることに決した

むろん、座りの店に願いたいのであるが、




15-01-28-02 011

驚くべきはお会計

さんざ呑んで、千円札三枚でお釣りあり



実にお値打ち、ごっとはん♪













[ 2015/01/29 14:24 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(6)
天満酒蔵はん、ビールが確か大瓶350円ですもんね
アテも一部の物を除いて安いですよね(^ ^)

この店は確か昔、くねりんず姐御とニアミス遭遇
したっけな〜懐かしや懐かしや♪

お次は時間にもよりますが
稲田酒店はん辺りでしょうかね

こまちゃん開店にはまだ早いしな〜

[ 2015/01/29 15:24 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
のりはん

ほんま安い店ですな
びっくりしましたわ
こんな店がアベノに欲しいのよねぇ
関東煮の大根煮え過ぎやけど、、(^^;

そうらしいですなぁ
ここでくりみんはんとニアミスやったとか
本人がこの日、この店で言うてましたわ、、、;;(大爆

さて次はいずこへ?
[ 2015/01/29 15:40 ] [ 編集 ]
やはり!

ここに来はるんは、名張はんか
くねりんず姐御しかおらん(^ ^)

くねりんず姐御なら、みき屋か、奥田か
[ 2015/01/29 16:15 ] [ 編集 ]
座りでこの値段は、ありがたい!
中央あたりに禁煙席もあったよぉな?
天満をはじめ、環状線は、呑みの宝庫ですなぁ~
[ 2015/01/29 19:40 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
のりはん

さよか?
予想は当たってましたか?
はははは、、、

しかし良いお店でありました(^^
[ 2015/01/30 08:32 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
名張はん

久々に訪うた天満でありました
そしてお初のこの酒場
安かったですね~
いやいや驚きました
呑みに重点を置くタイプなんで、
酒が安いってのは本当に助かるんですよね
[ 2015/01/30 08:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR