咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

にっしゃんの棟折れて垂木崩れる



今日も実に冷たい朝を迎えたものである

ときに正月は三十一日である

せんだって、歳があらたまったばかりであったものが、

もう早や、明日からは如月であるのだ

どうにも齢を重ねるにつれ、

いや、馬齢を加えるにつけ、時の経過がまことに早い

なんであるか、彼岸への歩みがどんどんと加速しているように感ずるのである


老いてからは、一日を十日ぐらいに思って毎日を楽しまないといけない。一日も惜しんではいけない。

自分の思いが通じなくても、それは自分が凡人だから仕方ないと思い、

子弟やその他の人の間違いを許し、とがめたり怒ったり恨んだりしてはいけない。

自分が不幸で裕福でなくても、世の中とはこういうものだと割り切り、

憂い悩んだりしてしてはいけない。常に毎日を楽しまないと、もったいないことである。

家が貧しく不幸にして飢えて死ぬことがあったとしても、死ぬまで楽しむのがいい。

貧乏だからといって、人に文句をいい、不誠実な人間になり命ばかり惜しんではならない。




「養生訓」の中で貝原益軒先生も説いておられるのである

何も老後のことのみを仰っておられるのではない

人として社会において、また家庭においての健全な暮らし方を説いておられるのである

老いも若きもこぞって目を通すべきであろう

健康で長生きするために・・

因みに江戸時代の書物ではあるのだが、

内容は全然難しくはないのである





さて、昨日は冷たい雨が降りしきる中、

私は前回食べ損ねた、

古き良き浪花の味の伝統を今に受け継ぐお店のこだわり求めて、

寒中、心斎橋に赴いたものであった

そのお店の本店は、言わずと知れた道頓堀の川畔であり、

今回、私が訪(おとの)うたのは、

百貨店地下に暖簾を出している、その小さな小さな支店なのである






_MG_3562.jpg



前回に訪うた際は、既に頂くものが決まっていたにもかかわらず、

端(はな)、願い出ようとしていたそれを

椅子に腰を下ろした刹那に心変わりで以って

見事に打っ捨(ちゃ)ってしまっているのである



それだから今回は、何が何でも食べずとは帰れまいとの

大いなる心持をふとこって、

該店の暖簾をくぐったと云うのである





15-01-30-01 027

私はカウンター右奥に席を占め、



15-01-30-01 002

お茶とおしぼりを出してくれた女店員に、

少々気張りながらもくぐもった声で注文を願い出た













むろん、


_MG_2844.jpg

ハイシライスである

今回初めて食すことと相成った

しかしながら、子供の頃は「ハヤシライス」と常より呼んでいた

それがハイシとも呼び習わされていることを知ったのは、

ずいぶん後年のことである

「ハヤシもあるでよ~!」

いったいに、こんな南利明の科白なぞ、

どれくらいの人が覚えているであろうか?



むろん、ここまで鼻息荒く、

食堂に嬉々として飛び込んでゆくときは、

概して私が超空腹のときである

それだから私はおねえさんに、

ご飯を少し多めによそってくださるよう事前に申し出たのである

該店においては定食式の場合、

無論、ご飯はお茶碗で供されるのだが、

これは希望により、多めも然り、少なめも然り、

あまつさえ、おかわり~!なぞにも応じてくださり、

今回食すこととなった、ハイシにしても丼物においても、

事前のご飯の多寡にも気持ちよく応えてくださるのである

真に以って、行き届いたサービスだと云うのである




そして、ご自慢のハイシが眼前に運ばれて来た




15-01-30-01 007

大皿に満々とその雄姿を湛え、




15-01-30-01 008

その芳しい香りを撒き散らしながら、

カレーとは違う、独特の海老茶色したハイシが私の心持を陶然とさせる

生まれついて根がまるでエリマキトカゲのように好奇心旺盛な私は、

まずはじっくり、目と鼻でその出来栄えを聞こし召すのである






15-01-30-01 019

やおら、大ぶりのスプーンで以って、

ルーとご飯を掬い上げ口に運ぶ


most delicious

他に言葉が出なかったのである

大量に入る玉ねぎの旨味もよく伝わってくる


そして、はり重と云わば、


15-01-30-01 016

牛肉であろう

これでもかと云わんばかりに次から姿を現すのである

付け合せの自家製福神漬けなぞ、合間にポリポリかじりながら、

私はノンストップでスプーンを口に運んだものであった


15-01-30-01 019

しかしながら、初手に申し入れたご飯多めであったが、

かなりの量をよそって頂いたとみえて、

私のキャパシティの限界寸前であったのだ






15-01-30-01 021

そして、これはもう一つの特筆すべき点、

ルーの量が多いのである

最後はルーが余ってしまうほどであった

さりながら、ビーフシチュー感覚で最後まで美味しくいただいたのだが・・



私は雨の中、わざわざ心斎橋まで出張って来て

心底良かったと思った

あまりの満足感、そして口福感に、

私は食事後も暫時、席を立つことが出来なかったのである






15-01-30-01 029

¥972で、ご馳走様でした♪


[ 2015/01/31 10:23 ] ランチネタ | TB(0) | CM(4)
此処のハヤシはさぞ美味いでしょう。ハヤシもあるでよ、覚えてまっせ。いとしこいしオリエンタルがっちり買いまショーでしたかな?ありましたね。今ナカジマはんにて雲海大盛り頂き中でございます


[ 2015/01/31 12:30 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ウルトラはん

おぉ、ナッカジマは~ん♪
お愉しみ中のようですな?
今、メール来て、にっしゃんが宜しゅう云うてると、
社長にお伝えくださいな(^^;

ハイシライス
いっぺん召し上がっとくなはれ!
[ 2015/01/31 12:34 ] [ 編集 ]
最近来られるペースが減ってると。社長寂しそうでしたね
[ 2015/01/31 12:51 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ウルトラはん
ありがとうございました
野暮用済ませて、
夕方の部に顔を出すようにします

m(_ _)m
[ 2015/01/31 12:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR