咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

にっしゃんの十三のねえちゃん


柔らかい日射しを浴びていると

もうすっかり春だなぁと感じ入る今日この頃である

ただ、寒気から逃れる嬉しさと引き換えに、

今度は禍々しい花粉どもが我が身を襲う

おかげで日がな一日、

鼻がずるずるべったん~ずるずるべったん~

なぞ、呼吸不全一歩手前までに陥っているのである

だから、ポケットティッシュが手放せないと云うのである

いずくかに、特効薬なぞないものであろうか








さて、過日の日曜日

私は2ビルにおいての出稽古を済ませ、


15-02-21-22-999 099

軽い足取りで以って、今度は4ビルのB1へ赴いたのである


時刻は間も無く正午を指そうとしていた

所謂、ランチである、お昼ご飯なのである

してみれば、その辺のレストランやラーメン屋なぞで、

お腹を満たすのも悪くはないのだが、

せっかくに駅前ビルに出張って来ているのであるから、

私は既に早くから営業を始めている、

該店を訪(おとの)たと云うのである














15-02-21-22-999 108

土曜や日曜の昼に、

駅前ビルに呑み客が存在するのかが不思議ではあるが、

それはそれとして、

私にとっては好都合なのである

昼間は界隈において、この手の店を見つけ出すのが一苦労なのである

中々に、泉の広場は遠いと云うのである




15-02-21-22-999 109

初手に私は大ビンなぞ願い出たのである




15-02-21-22-999 112

先ず以って、グラス一杯のビールを

グビグバグボ~~っ、なぞと聞こし召す

私はその爽快感に思わず、

ラミパスラミパスるるるるる~~っ!なぞと、大きくほき上げてしまったのである




隣客なぞは驚きの目でこちらを睨んでいたが、

私が目を合わせるや否や、

まるで草原で雄ライオンに遭遇したガゼールの子供のように、

その目に恐怖の色を浮かべて、

瞬時に俯いてしまったのである




15-02-21-22-999 113

お菜については、

もうここでの定番となった唐揚げなぞを誂(あつら)えて貰ったのである




15-02-21-22-999 114

二度揚げ、三度揚げで、やけに硬い塊ではあるが、

中々に、噛み応えがあり、

事前に衣に施された下味のチープな風味が郷愁を誘うと云うのである





するうち、私のスマホがメッセを受信した

もう駅前ビルに着いた模様である

直ぐと、現在の居場所なぞ返信を行い、

待ち人の現れるのを、ビールを聞こし召しながら待ったのである


前回、全きに寝込みを襲われたも同然に銀座屋で捕獲され、

挙句、各所を連れ回された仕返しにと、

今回、私は嫌がる和装女史を半ば強引、且つ強制的に、

日曜午後からの同行を申し付けたのであった

すなわち、くねり~ず


その道行きは、すれ違う人からして、

まるで売れっ子芸者と、そのカバン持ちのマネージャーとしか、他に映りようがありはしまい




15-02-21-22-999 116

ビールで少し口を湿らせた女史は、

早くも熱燗に移行した

むろん、私に異論はない





15-02-21-22-999 115

往時、条件付きでの呑みを女史が指定してきたのである

そのリクエストは遠征呑みをしようというものであった

いつもと同じようなところは避けて、

初めての町で、いつもの酒なぞ、

何かのCMのような企画を本人はふとこっていたようである

中々に、新規開拓は苦手な私ではあるが、

まぁ、それも一興とばかりそのネタに乗ることにしたのであるが、

出来れば近郊の町にして欲しいことと、

大阪市内からは出たくはないことを伝え、

みょうが酢味噌をつつきながらの、

鳩首会談と相成った次第である





15-02-21-22-999 119

一応に、結論を見たくねり~ずが向かった先は、

阪急UMEDA STATIONであった

ちょうど、発車間際の各駅停車に飛び乗り、

席を確保する

発車を知らせるベルが鳴る

やがて車両はホームを滑るように走りだす

果たして、売れっ子芸者とマネージャーは何処へ行こうとしているのか


やがてマネージャーは席を立ち、鼻歌交じりに唄いだしたのである




















梅田離れて~ 中津を過ぎリャ~


想い出捨てた十三よ~


女ひとりで生きてゆく


ねえちゃん~ ねえちゃん~


十三~の~ねえちゃん~


涙をお拭きよ


化粧崩れが 気にかかる~










15-02-21-22-999 121

目的地は十三であったのだ







15-02-21-22-999 122

我々は西口をぶらぶらと彷徨い、

更には東口にも足を伸ばし、

よさげな店を見て廻ったのであるが、

中々に、日曜日というものが良くないのか、

時間帯が未だ早すぎたのであろうか、

いったいに、入りたいような店には出くわさなかったのだが、

商店街の切れるあたりに

それらしい趣きのある呑み屋が姿を現したのである












15-02-21-22-999 123

女史曰くは、のりぴーが以前、訪(おとの)うていた店であるらしい

他に適当な店も見当たらないし、

とりあえず、該店でまずは一杯聞こし召すことにしたのである







15-02-21-22-999 127

中々に、コバコであった

その名も、花登筺であろう

細うで繁盛記である

ぼてじゃこ物語である

どてらい男である



おそらく、10名も入れないであろう





15-02-21-22-999 132

ひとりで切り盛りされていた女将さんに熱燗なぞ願い出る

中々に、クールというのかドライな印象の方であった



コップ酒が大いに気分であった







15-02-21-22-999 133

お菜に、出汁巻き?を申し出た

いや、ニラ玉であったか?

さすがに焼きたては美味しく、

私の箸はけっこう進んだようにおもう





さて、ひとつ困ったことが出来(しゅったい)したのである

何でも、該店には後架(ごか)が設けられていないのである

いずくかで、それは借りられようかとの私の問いかけに、

女将はしれっとした顔で、

「神社!その辻を左に曲がればすぐ分かる」なぞ、

なんだか罰当たりな返答をするものであったが、

追い込まれている私としては、

そのサジェスチョンには抗えなかったのである






15-02-21-22-999 134

真に申し訳ない心持であったが、

しっかり用も足させて頂き、

私は本殿の賽銭箱に、

たまさかポケットに入っていた十円玉2枚を、

賽銭箱に転がし入れて、

後架のお礼と、くねり~ずの旅の安全をお願いしたのであった








15-02-21-22-999 138

菊正は美味い!



熱燗は何本か頂いたと思う

最近では、もう何本呑んだかなぞ、

あまり気にならなくなった

横倒しになるまで呑むのに決まっているからである

その時点で、お酒をやめればいいだけの話であろう





15-02-21-22-999 139

また珍妙なお菜を、女史は願い出ていたようであるが、

サラミ、きゅうり、チーズ

見たままの味であったろう








15-02-21-22-999 126

幸い、他に客はいなかったものだから、

のんびりと日曜午酔を愉しむことが出来た



勘定を済ませた我々は、

十三駅前通商店街に頭から転がり出たのである







15-02-21-22-999 136

さて、次はどこへ行くべか?






ごっとはん♪




[ 2015/02/25 09:37 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(11)
先生、神社には厠があったのでは?
もちろん使用されたんですよね
と、無垢な目を向けさせて頂きます

今から私も飲み会でございます
場所は天王寺、なにやら長くなりそうです

姉御はおりませんので失踪はデキマセンガm(。≧Д≦。)m
[ 2015/02/25 18:10 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
まるこはん
むろん、神津神社の後架をお借りじしたよ
(*^_^*)
向後、該地の氏神様にきらわれぬよう、
あまりに些少ながらの御賽銭でありました
細かいとこ、キッチリしてます
大事なところ、見落としてます
ヽ(´o`;

今宵は存分に聞こし召してくださいね

(*^_^*)
[ 2015/02/25 18:27 ] [ 編集 ]
Re: Re: タイトルなし
あ、すんまへん

お借りしましたよ

これが正解!
[ 2015/02/25 18:30 ] [ 編集 ]
七津屋から十三立ち飲みいいですね。お連れさんもお酒が強そうで楽しそうです。藤田まことの歌に花登筐のど根性ドラマ懐かしいです。
[ 2015/02/25 19:14 ] [ 編集 ]
うーあー

大先生が、あの加藤登紀子ママの店に
行きはったんでっか!

あの店、安くてユニークですやろ?(^_^)
次は、イマナカか、中島酒店か(^_^)
十三屋は日曜日休みやもんね
[ 2015/02/25 19:31 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ウルトラはん

若かりし頃、
酒をがぶがぶ呑む女性は苦手でした
さりながら、紆余曲折を経(た)てて、
今は、大酒呑みが安心出来るのでありますね

さて、十三
該地を思い出せるのは、
やはり、藤田まことしかありません(^^
[ 2015/02/25 19:51 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
のりはん

そやがな
メッセに書いた顛末ですよ

なかなか該店は良かった
女将が加藤登紀子かどうか別にしてね(^^

いいお店をありがとう(^^

[ 2015/02/25 20:00 ] [ 編集 ]
長編ですなぁ~
藤田まこと、花登筺
安浦刑事、山水館の加代
富士真奈美は名優です~
[ 2015/02/26 00:04 ] [ 編集 ]
立呑屋からの立ち◎かと
失礼しました
今戻りまして、飲み足りない角ハイボール濃いめ頂いてます
やはり揉めました
楽しく飲みたいです
[ 2015/02/26 00:19 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
名張はん

久々、長編にチャレンジです
ところで、富士真奈美はご存命で?

銭の花は赤い・・

「加代~、おみゃぁ~の自由にゃぁ、させにゃぁだ~!」

懐かしい、、、m(_ _)m
[ 2015/02/26 09:19 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
まるこはん

立ち◎て、、(^^;
神社仏閣を汚すことはございません
ご安心ください

はて?
せっかくの呑み会なのに揉めたと?

後味悪いですなぁ~
ひょっとして、クダ巻いた?、、m(_ _)m
[ 2015/02/26 09:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR