咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

にっしゃんの父vs娘



昨晩、大きなゴロゴロを引っ張りながら、

長いこと顔を見ていなかった娘が帰宅したのである

ここ数日、気配も感じなかったから

少々訝しいものをふとこってはいたのだが、

訊けば、月曜だか火曜だかあたりから

雪国でボードなぞ愉しんできたと云う

その雪国とはどの雪国なのかは明らかにしなかったが、

恐らくは、吉幾三の唄う雪国とは関係のない雪国なのであろう

そんな娘なのではあるが、おかげを以って、

この春から新社会人として世に憚ることと相成った

アルバイト先も、先週の勤務を最後に辞めたと云うことである

何でも3月に就職先で研修のようなものがあるらしいのだ

厳しい社会ではあるが、

どうか負けずに頑張ってほしい


踊れ、若アユピチピチとっ!

今どき踊れとか、若アユなぞの例えは絶無であろうが

銀鱗を煌かせて清流を進むイメージが新社会人に似つかわしい表現だと思う


平生より、父に対しては物言わずの娘ではあるのだが、

そんなこたぁ、ちっとも気にしない



だ、れ、か、と 誰かさんが

ど・う・に・か なぁったって

そんなこたぁ いいじゃないかぁ

男な~ら~ 気にしない!


吉川くん、君ってやつはだなぁ!



いつも通りで良いのである

さりながら、どこぞの家具屋の父娘のような泥仕合はご免蒙りたい

まぁ、我が家には心配せずとも、

動産、不動産なぞ、これっぽちも有りはしないがね(がははは、、、


いったいに、何を書きたかったか

またぞろ曖昧になってきた

いつも途中でベクトルの先が捻じ曲がると云うのである

してみれば、このあたりでつまらん話は打っち捨って、

今日の記事なぞ筆を進めるのが賢明であろう






23日の月曜日



上本町にやって来た








15-02-23-02 010

お、ハイハイの呑みだな?

っと、思わせておいて、

地下を抜けてYUFURA前の交差点を東へ渡る

更に私は近畿日本鉄道の本社も猶と行過ぎて、

ちと以前から気になっていた店を訪のうたのである












15-02-23-02 012

酒屋さん

角打ちなのであるが、


15-02-23-02 013

しかしながら、

応対に出て来た大将

「うちは5時からでんねん~!すんまへ~ん」

あと30分もあった、、、



体よく追い払われた私は、

結句、ハイハイに出戻ったという顛末である












15-02-23-02 014

着物の女と白髪の男以来であろうか









15-02-23-02 015

初手にドライ大ビンを購めた

完全に冷え切っていなかったのは甚だ残念の極みではあったが、

「冷たいのを呑み過ぎるとポンポン痛くなるよ」

亡き母の声が聞こえてきたようで

私はグッと我慢の子であった














苦しいこともあるだろう

言いたいこともあるだろう

不満なこともあるだろう

腹の立つこともあるだろう

泣きたいこともあるだろう

ビールが冷えていないこともあるだろう




これをじっとこらえてゆくのが

男の修行である



 by 山本五十六









15-02-23-02 017

私は大テーブルに並べられたお菜の中から、






15-02-23-02 016

紅生姜の天ぷらを願い出た

どうにもこれを食べると、

熱いご飯が欲しくなるのであるが






ビールの後は、

焼酎か酒かで、少々の心の葛藤をふとこりながら、





15-02-23-02 022

結句、熱燗を申し出たのである





更に私は冷蔵庫に足を向け、

酒のつまみをも取り出した











15-02-23-02 020

湯葉刺しである



15-02-23-02 021

山葵醤油はむろん美味しいに決まっているのだが、

私はもっと風味を味わいたいがため、

その大半を、塩と山葵で愉しむのである




これには、ついつい熱いところを続け様に聞こし召したのである


15-02-23-02 022



15-02-23-02 024


客入りが少なかったせいもあろうが、

女将がえらく話しかけてきた

ここをよく訪なうご夫婦や、

たまと顔を出す面々

それらとの私の繋がりを興味深げに訊ねられたりもした




15-02-23-02 025

お代は¥1800ちょっとであったか?

この私が該店でこれほど散在したのである

女将の機嫌も悪かろうはずがない

「また皆な連れて来てね~~」

の言葉に送られて、


私はいつも以上に賑やかに通路に頭から転がり出たのであった






ごっとはん♪







[ 2015/02/27 10:11 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(8)
呑んでみせ、呑んで聞かせて、呑ませてみせ、
ほめて呑ませて、人はうごけず!

あ〜、大先生も五十六(⌒▽⌒)
[ 2015/02/27 13:11 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
よう知ってるやん
えらい!親爺はん!

やって見せ

云って聞かせて

させてみて

ほめてやらねば

人は動かじ


その通り!

率先垂範!

以後気をつけます、、、(><、
[ 2015/02/27 14:47 ] [ 編集 ]
この日ぃはママさんもご機嫌さんやったようで・・・(-m-)ぷぷっ

こんなこと云われたらまたみんなで行かなあきませんね~
[ 2015/02/27 18:02 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
めぐ
また、皆で行こう!
そやけど、それまでに俺がまた行って、
¥700くらいで帰ったら、
塩まかれるで〜〜、、

食べられべんからしやーないからなあ
やっぱ、湯葉は美味いなあ
豆腐魂やね
(≧∇≦)
[ 2015/02/27 18:17 ] [ 編集 ]
おっ!
流石は大先生!
山本五十六を凌ぐ
六省!
額装して、天王寺駅の花と共に愛でる
とか? m(._.)m
[ 2015/02/27 20:44 ] [ 編集 ]
娘さま就職おめでとうございます
うちの猿子はままだまだでございます
それまで私生きておりますか甚だ不安でございます(笑)
だ~れ~
◎われ者世に憚るとおっしゃるのは(笑)
[ 2015/02/27 21:07 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
名張はん

好きな言葉なんですよね
でもじぇんじぇん実行出来ないおやぢがここに、、
ヽ(´o`;

ご家中の誕生日ラッシュ
さぞかし大変であろうなと、、
(^_^)
おまんた囃子!

m(_ _)m
[ 2015/02/27 21:10 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
まるちゃん
ありがとうございます
ってか、働いて貰わな困ります(笑
おまけに家から通うとか、、
ヽ(´o`;
同じですがな、今までと、、

そう、えて吉ちゃんは、
まだまだのようですなあ
(^_^)
[ 2015/02/27 21:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR