咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

にっしゃんの花一時 人一盛り




さて、くねり~ず最後のお店













15-03-14-15-999 116

MRT屋

やっぱりここに落ち着いてしまうと云うのである




しかしながら、予期した通り1Fは全席満席

no available であった

支配人から椅子に腰掛けて、

暫し待てとの指示を受ける

2階席の様子を見に行ってくれたのだ

尚且つ、社長までもが内線で、

2階の帰客のテーブルを最優先で片付けるように申し付けていた


おかげで2分と待たされず、

我々は階上の2人用テーブルに席を占めることが出来たのだ

該店が多くのファンに愛される理由のひとつはこれであろう

もし、10分ほど待たされるようであれば、

ママや社長からグラスビールのサービスもいただけるのだ


15-04-01-02 033

前回に続いて、

連続で2階席である







15-04-01-02 032

お約束のチェイサー&熱燗

一番搾りが有難かった








15-04-01-02 038


15-04-01-02 040

お菜については、この日最初のお造りをいってみることとした















15-04-01-02 036

生・本マグロスキ身

スキ身とは云え、これはトロではないのか?

¥350なぞ、冗談かと思える舌代である




15-04-01-02 041

もう、頬っぺたが落ちそうとはこのことなのである


女史も唸りながら造りに武者ぶりつき、

猪口の酒を乾しては、

「酒旨い~、、、トロ美味い~、、」と、唸り声を上げる



結句、私はお給仕に、

もう一皿のマグロと、熱燗の差し替えを願い出たのであった










15-04-01-02 045




15-04-01-02 044

造りを一切れ口に放り込むや、

直ぐと猪口の酒を聞こし召す

明らかに壊れ始めていたであろう

女史の盃の上げ下げが止まらなくなってきた




私はもう一品、お菜を誂(あつら)えて貰う







15-04-01-02 047

ニラ玉

相変わらず、卵料理ばかりに目が行ってしまうのだ






15-04-01-02 048

熱燗も合わせて調(とと)えたのだが、

結句、何本まで届いたかは全きに記憶は無い




しかしながら、かなりの酩酊ぶりを発揮し始めた女史は、

お給仕に氷水なぞ申し出て、

酒を呑りながら水をがぶがぶ聞こし召す

何杯かの氷水をぶちかましたあたりで、

少しく心配になった私は、

これにて打ち止めを宣告し、

該女史にお開きを申し伝えたのである

いわゆる、これは前後不覚と云うやつであろう


むろん、この状態で電車に乗せることも難儀なことであるから、

タクシーで以って京橋駅に送り届けたと云う、

なんとも締りのない顛末であった次第である




お疲れはん♪






[ 2015/04/03 12:34 ] 放浪ネタ | TB(0) | CM(4)
くねり~ずの前にくねり~ずなし
くねり~ずのあとにくねり~ずなし
今日は、ありがとうございました~
みなさんから力をいただく、かじり~ず!!です
m(._.)m
[ 2015/04/03 22:01 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
いやいや、名張はん

やっぱり、かじり~ず!でしょう

お疲れ様でした
またのご来宴をお待ち申し上げます

ありがとうございました~!
[ 2015/04/04 06:45 ] [ 編集 ]
昨夜は途中の二次会からの参加ではありましたが
楽しませて頂きありがとうございました( ^ ^ )/■

くねり〜ず、凄すぎ!
日体大よりハードな呑みですね(^_^;)
しかしMRT屋はんのまぐろ
あべのイチですやろうね*\(^o^)/*
[ 2015/04/04 07:39 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
のりはん

短時間ではありましたが、
ようこそおいでいただきました
面白い写真おおきにです(^^

くねり~ず
全盛時の早稲田のランニングラグビーなみでしょうか?

また呑みましょう(^^
[ 2015/04/06 08:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR