咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

にっしゃんの最も賢い者と最も愚かな者だけが決して変わることは無い





私の日乗



二十二日(月)










15-06-22-02 040

15-06-22-02 038

打ち合わせのため、

該駅に赴いた私であるのだが、

この改札を抜けたのは、

恐らく今回が二度目のことであったと思う

それも定かではない

三度目か

ひょっとすれば初めてであるのか

全きに心当たりの無い駅前であるのだ

実は娘のかにゃかにゃは、

該駅が最寄となる大阪市立の某高校に通っておったのだ

しかしながら、てて親に学校行事なぞの縁はなかった




15-06-22-02 043

駅前の喫茶店で業者との打ち合わせを終えた

よくよく考えてみれば、

喫茶店なぞに最後に入ったのは

もういつ以来のことであろうか

それもよく思い出せないのである




帰り際に駅前から雰囲気良さげな暖簾が揺れているのが見えた








15-06-22-02 042

他にも数軒、

目にしたところがあったが、

私は見た目清潔そうな該店を訪(おとの)うこととした








15-06-22-02 049

既に5時は少しく廻っていたのだが、

客入りは4名

のんびりくつろげそうであったのだ

基本、立ち呑みのようであるが、

奥の壁際には衝立で仕切られた

テーブル席もあるようだった



若主人と若女将


お二人での営業であろうか





端(はな)、私はぬる燗を誂(あつら)えた




15-06-22-02 047

見事な注ぎっぷり

酒販連のグラスではなかったが、

やや大き目のそれは

正一合の看板に偽りなしと見た

美味し







15-06-22-02 051

ただ、お菜については頭を大いに悩ませることとなった

駅前1ビルでの立ち寄りと、

さいぜん呑んだアメリカン珈琲により、

胃袋はかなりその空きスペースを消されていたのだ

酒のみ聞こし召すのも何やら憚られたものであるから、

結句、この日二つ目となる冷奴を調(ととの)えた




15-06-22-02 054

木綿豆腐であったがため、

少しく残念がった私であったが、

一口含んでみると、

その中身はまるで絹ごしのように滑らかであり、

私の従来の概念を大きく覆す味わいであったのだ




そうも長居するつもりはなかったものの、

やはり、せめてもう一杯は聞こし召したい



15-06-22-02 056

中々に、愛らしい若女将に、

おかわりを願い出る











15-06-22-02 058

あちょ~~っ!(黙っとれ!







15-06-22-02 059

美味し

温さ加減がちょうど良し







15-06-22-02 060

生涯初の西九条呑み


お代、七百数十円で表通りに頭から転がり出たのである




ごっとはん♪



[ 2015/06/25 12:35 ] 立ち呑みネタ | TB(0) | CM(2)
怒濤の3本up~
西九条も制圧して環状線呑み制覇かっ!
看板に偽りなし~
毎日酔うてまうねん…m(._.)m
アラ還にして3日に1度の夜勤にいよいよ
身体が、どもならんおやぢです…
[ 2015/06/25 16:06 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
名張はん

まぁ、当面は単独で西九条はないでしょうね
この先も、天王寺、森ノ宮、京橋あたりの環状線三駅ものがたりかと(^^;

毎々、お疲れ様です
私も四捨五入のアラ還ですわ
(><)
[ 2015/06/26 08:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR