咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

にっしゃんの「ズッコケ男道 ~南紀に戯むる~」 part1




    岩代の 浜松が枝を 引き結び 


               真幸くあらば また還り見む









古い友人たちと、ひょんな与太話をきっかけにして、遊びにゆくこととなった

ならば、炎暑、暑熱、猛暑

海へ行こうではないかと

それも、せっかくだから泊りでと・・・







男女混合四名様

車に相乗り

阪和道を下る










IMG_3585.jpg

途次、紀ノ川SAに立ち寄る

車多し

ほぼ満車に近かった








IMG_3580.jpg

IMG_3583.jpg

眼下に紀州を眺むる

久々に訪(おとの)うことと相成った





阪和道は頗(すこぶ)る順調なクルージングであった

湯浅御坊道路の有田辺りから少しく渋滞に巻き込まれはしたものの、

それを過ぎると、紀伊田辺まではあっという間であったのだ

タイムスケジュールでは田辺にはお昼頃の到着と踏んでいたものだから、

ICを出て、予定通りに田辺市街でランチを摂ることとした

少しばかり心当たりのあった私のナビゲートにて、











IMG_3586.jpg

該店の駐車場に頭から転がり込んだのである









IMG_3602_2016081009291752b.jpg

中々に、小奇麗なお店であり、

安くはないが味はしっかりしているのだ



IMG_3591.jpg


皆それぞれに、

刺身の定食やら鰻やら願い出ていたのだが、

まずは何を言い条とも、





IMG_3598_201608100938324fb.jpg

生ビールを調(ととの)える

枝豆のサービス付きで大いに美味し!

運転手には申し訳なかったが、

彼は生来の下戸であるのだから、

そんなに気を遣うこともあるまい









IMG_3600.jpg

するうち、私の眼前に陶板が乗せられたコンロが運ばれて来たのだ















IMG_3603.jpg

そう

熊野牛ロース石焼定食を誂(あつら)えたのだ

¥2500なぞ云う、立派な観光地価格であったのだが、

一度、名にし負(お)う、「熊野牛」を味わってみたかったのである






IMG_3608_2016081009533599d.jpg

手始めに刺身や小鉢でビールのお菜とした



IMG_3611.jpg

美味し!











IMG_3606_20160810095522c6f.jpg

さて、高級和牛









IMG_3614.jpg

大いに熱せられた陶板にて、

大いに心地良き焼き音を奏でてくれるのである











IMG_3617_2016081009575419d.jpg

美味~し!


あっさり味のたれと相まって、

口中に馥郁たる味わいを展開してくれる




持った手ぬぐい

バッたと落とし、

小膝叩いて

にっこり笑い・・




あぁ、素晴らしき哉「熊野牛」






IMG_3618_20160810100134fd1.jpg

お給仕に「頼むからご飯は少な目、ちょっとだけでええからね」なぞ、

念押しにもかかわらず、

しっかと盛られたご飯とともに、

大いに和牛を堪能したのであった




IMG_3615_2016081010031325e.jpg

お味噌汁が殊の外美味しかったのである








IMG_3620_20160810100406ecb.jpg

冷たき水菓子をいただき、

しばし太鼓腹をさすった後、





IMG_3625_2016081010060277d.jpg

次なる目的地を目指して、

車に飛び乗ったのである






お代¥12000ほどで、御馳走さまでした(^^♪












[ 2016/08/10 10:25 ] 旅行ネタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR