咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

にっしゃんの「竹取物語~かぐや姫昇天す」




今は昔竹取の翁といふものありけり。野山にまじりて、竹をとりつゝ、

萬の事につかひけり。名をば讃岐造麿となんいひける。

その竹の中に、本光る竹ひとすぢありけり。怪しがりて寄りて見るに、筒の中ひかりたり。

それを見れば、三寸ばかりなる人いと美しうて居たり。

翁いふやう、「われ朝ごと夕ごとに見る、竹の中におはするにて知りぬ、子になり給ふべき人なんめり。」とて、

手にうち入れて家にもてきぬ。妻の嫗にあづけて養はす。美しきこと限なし。

いと幼ければ籠に入れて養ふ。竹取の翁この子を見つけて後に、

竹をとるに、節をへだてゝよ毎に、金ある竹を見つくること重りぬ。

かくて翁やうやう豐になりゆく。この兒養ふほどに、すくすくと大になりまさる。

三月ばかりになる程に、よきほどなる人になりぬれば、髪上などさだして、髪上せさせ裳着もぎす。

帳ちやうの内よりも出さず、いつきかしづき養ふほどに、

この兒のかたち清けうらなること世になく、家の内は暗き處なく光滿ちたり。

翁心地あしく苦しき時も、この子を見れば苦しき事も止みぬ。

腹だたしきことも慰みけり。翁竹をとること久しくなりぬ。

勢猛の者になりにけり。この子いと大になりぬれば、名をば三室戸齋部秋田を呼びてつけさす。

秋田なよ竹のかぐや姫とつけつ。このほど三日うちあげ遊ぶ。萬の遊をぞしける。

男女をとこをうなきらはず呼び集へて、いとかしこくあそぶ。







以上!











私の日乗








文月二十一日(金)












17-07-26 085

キューズモールを訪(おとの)うた

とは言い条、あべのウォークではあるが











17-07-26 067

大いに久方ぶりである

今年初めてのような気がしなくもない











17-07-26 069

初手(しょて)に一番搾りを誂(あつら)える

美味し!












17-07-26 076

大いにお菜に悩むるも、










17-07-26 071

結句、出汁巻き

焼き置きは仕方がないにしても、

軽くチンくらいせえや!










17-07-26 080

さんきち正宗 

(うえだって書いてある










17-07-26 083

中身は正真正銘の「さんきち正宗」である












17-07-26 074

軽(か)ろき酩酊!









ごっとはん(^^♪


[ 2017/07/28 13:08 ] 居酒屋ネタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR