咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2018 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 06

にっしゃんの「のざきまいり 2018~Monologue」






DSC_0060_20180509133653bf7.jpg

のざきまいりは「片町線」でまいろ











DSC_0062_20180509133828cfc.jpg

13時過ぎ、

5人全員、無事駅前に参集す

かつて、

これだけ大勢にての参拝経験はない

云うなれば、

大陸軍団も吃驚の、

所謂、団体ツアーではあるまいか

この人数なればさぞかし観音様も、

大いに歓迎してくださるに違いあるまい











DSC_0063_2018050913414398c.jpg

然り乍ら、

参道を埋め尽くす、



正面の山の中腹目指して歩いて往くのだが、

暫時の間も、人の流れが途絶えることが無い

あまつさえ、

最終の山門へ直登する石段の手前まで、

両側に間断なく出張っている露店に人が群がっているものだから、

大いに歩きにくし!

然り乍ら、

該地の露店

驚くほど値が安し

一般の夜店や出店の1/3から1/5の価格ではある










DSC_0066_20180509135347601.jpg

日の択びが良かったのであろうか

それとも、朝の準備運動が功を奏したのであろうか

例年にない涼しさも相俟って、

最後の石段の急登も、

一気呵成に攻略して退けたのである

これも、ひとえに観音様のお導きであろう



「音にきこえた 観音ござる

 お願かけよか 打たりょか滝に

 滝は白絹 法(のり)の水」










DSC_0069_20180509140034f98.jpg

この数年、

新年明けての初詣に出向くことが殆どなくなった私には、

「のざきまいり」は大きな意味を持つイベントなのである









DSC_0070_20180509140448421.jpg

「手水舎(ちょうずや)」にて手や口や頭や腋や足を清め、










DSC_0072-897.jpg

無事、

観音様に参詣を果たした


あぁ、

ありがたや




境内の「お染久松」の塚にも手を合わす



「観音様をかこつけて 逢いに北やら南やら

 お染は想い久松の あとを慕うて野崎村」











DSC_0073_201805091413464f1.jpg


帰途、

そのまま山を上がって飯盛山を越え、

四条畷神社を経由して畷の駅に出るなぞ云う、

そんな立派な気構えの或る人間の集いではないのであるからして、

来た道そのまま戻ることにしたのである










途次、

ほぼ毎年寄っている、

民家の広い庭先を臨時の私設休憩所にて、

取り敢えずは缶ビールにて、

無事の参拝を祝ったのである






軽(か)ろき酩酊!



精進落しは京橋で!






ごっとはん(^^♪










[ 2018/05/09 14:24 ] 放浪ネタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR