咲かせる花のもとを知れかし 

酒を呑む人 花ならつぼみ 今日も酒酒 明日も咲け♪
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

にっしゃんの「受領(ずりょう)は倒るる所に土を摑(つか)め」




然し乍ら、ゴジラは映画化されるたびにどんどんブサイクになってゆく





以上!








まぁ、そんなことは兎も角として、


私の日乗







文月二十二日(金)










IMG_2875_2016072709120220f.jpg

天神祭も近いこの日、

京橋駅に降り立った










IMG_2878.jpg

立ち呑みストリートから路地に入る











IMG_2883-99.jpg

右奥カウンターに「もめまくる共和党と民主党の陣」を粛々と展開す











IMG_2880.jpg

初手(しょて)に赤星を誂(あつら)えた

よく冷えて美味し!










IMG_2882.jpg

天ぷらを所望したのだ









IMG_2886.jpg

エビ、ゲソ、大葉巻きささ身










IMG_2888.jpg

ゲソばかり食べている

美味し










IMG_2893_2016072709230707a.jpg

IMG_2896_20160727092314611.jpg

冷たき月桂冠を調(ととの)えた

伏見の名門 大倉酒造

美味し









IMG_2898_2016072709242157b.jpg

IMG_2900_20160727092430091.jpg

厨房で一生懸命チラシをホチキス留めしていたおねえちゃんが、

一枚手渡してくれた

然り乍ら、あまり興味が沸かず








IMG_2892.jpg

軽(か)ろき酩酊


¥1300ほどで路地裏に頭から転がり出たのだ






ごっとはん(^^♪





[ 2016/07/27 09:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

にっしゃんの去る者は日に以って疎し 来る者は日に以って親し



郭門を出でて直視すれば
但だ丘と墳とを見るのみ
古墓は犁かれて田と爲り
松柏は摧かれて薪と爲る
白楊 悲風多く
蕭蕭として人を愁殺す
故里の閭に還らんと思い
帰らんと欲するも 
道 因る無し







以上!









私の日乗







卯月十八日(月)












IMG_7642.jpg

「塩」











IMG_8074.jpg

1塁側内野自由席に鶴翼の陣を展開す











IMG_8071.jpg

ウーロン地獄チャイニーズ編を調(ととの)える








IMG_8075.jpg

お菜をあれこれ見繕うも、

結句、ホワイトボードを眺めて、










IMG_8073.jpg

珍しくも、干しエビ入り手造りチヂミを誂(あつら)えた



美味し










IMG_8078.jpg

スーパー常連席のBテーで呑んでいたM社長

私の横に滑り込んで来る

週末から上海出張とのこと

「土産は不要」と一発かましてやった








IMG_8079.jpg

芋カップ




しかしながら、氷も置かず、湯も出さず

変わった店であるなといつも思う

そんな店に足繁く通う私も、

相当な変わり者だと思わずにいられない










IMG_8080.jpg


速攻酒、ごっとはん(^^♪

[ 2016/04/22 09:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

にっしゃんの胡馬北風(ほくふう)に依(よ)る



二軒目








IMG_6423.jpg

「塩」の地階に降りることとす










IMG_6435.jpg

今度は座りで











IMG_6425.jpg

熱燗

むろん、該店も世界一統









IMG_6429.jpg

お菜択びにずいぶん頭を悩ませたものであったが、









何を思ったのか、女史が串カツなぞを誂(あつら)えた


IMG_6427.jpg

なるほど、これぞ居酒屋の串カツという見てくれ

大目のキャベツがうれしい









IMG_6433.jpg

もう一本熱いところを付けて貰ったのだが、

いやはやこれがいけなかった






IMG_6436.jpg

店を出て駅に向かう間も、ホームでも、

遠慮会釈なしに右へ左へ千鳥足で進む

まさしく、三歩進んで二歩下がるであろうか

しょうことなしに京橋駅まで付き添ったのであるが

聞いてみれば、「塩」の前にも一軒立ち呑んでいたと云うではないか

さもありなんと合点のいった私であったのだ



美味しく呑むためにも身体は資本である

心せよ








ごっとはん(^^♪



[ 2016/03/11 12:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

にっしゃんの西瓜は土で作れ 南京は手で作れ




私の日乗










三月一日(火)





いよいよ、弥生三月が幕を開けた

それにしても月日は斯くも早くに流れ去るのか
















IMG_6113.jpg

再びと花屋を訪(おとの)うたが、

結句、追加は必要なしと判断す

水火を辞せず

あれだけで作り上げる














IMG_6114.jpg

帰途、立ち寄る

ここまで来れば素通りは出来ず












IMG_6119.jpg

驚いたことに、

キャプテンウルトラはんが現れた

サービスランチがお目当てであったらしい

早速に、おばちゃんの「大丈夫ですか~?」攻撃をぶちかまされていた

それだけでも該店を訪(おとの)う値打ちあり









IMG_6120.jpg

私はチャレンジメニュー

焼きめし(大)である

少しく不安であったのだが、

ウルトラはんとお喋りしながら食べ進んでいくと、

何とはなしに完食することが出来た



IMG_6123.jpg

美味、満腹!



こんど是非呑みに行きましょう







¥500で、ごっとはん(^^♪

[ 2016/03/04 09:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

にっしゃんのもののあはれを知る




折に触れ、目に見える、耳に聞こえるものごとに触発されて生ずる、

しみじみとした情趣や、無常観的な哀愁




以上!








私の日乗





二月三日(水)










あの味わいが忘れられず、

再びと該店を訪(おとの)うた












IMG_5065.jpg


🐉

チンリュウへ行こうよ

触れ合う何かがあるから

探していた味覚があるから

ねぇ、このお店がチンリュウ♪












IMG_5074.jpg

まさか、まさかの先客ひとり

テーブル席に単縦陣を展開す










IMG_5068.jpg

生中、生小にて乾杯す

むろん、私は小である








IMG_5070.jpg

IMG_5072.jpg

品書きなぞ眺めずとも、

端(はな)からオーダーは決まり金時であるのだ










まずは定番の二種


IMG_5079.jpg

カニ玉

どう考えても一人前には見えず






IMG_5085.jpg

辛みに弱いがかけずにおられぬ






IMG_5081.jpg

素晴らしき味わい

たっぷりのカニ身が嬉し








そして、

IMG_5083.jpg

超うす皮餃子






IMG_5087.jpg

真の逸品であろう

文句なし











IMG_5089.jpg

ホット紹興酒に走る

美味し








IMG_5091.jpg

変わったところで、ふぐの唐揚げ





IMG_5092.jpg

サバふぐであろうが、善き酒のツマミとなった







IMG_5094.jpg

焼酎ロック

ジョッキに氷を入れたおにいちゃん

一升瓶から一気呵成に焼酎をぶちかます

トリプルか?

美味し







初手(しょて)のカニ玉でお腹がたっぷんたっぷんであったが、






IMG_5097.jpg

自家製チャーシューも購(もと)めた




が、しかし、

一枚摘まんだのみで速攻ギブアップ

もう何も入らず

あえなく持ち帰りと相成った







IMG_5096.jpg

後半、ピンボケのオンパレード


スマホカメラも酩酊








超絶満腹酔眼で府道大阪八尾線に頭から転がり出た






IMG_5076.jpg



ごっとはん(^^♪

[ 2016/02/05 12:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)
毎日呑んでますねん♪

にっしゃん

Author:にっしゃん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
FC2カウンター
ほのぼの時計 わくわく版
プロポーズの言葉
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR